奨学生の資格

  1. 高等学校以上の学校に入学又は在学する人で、経済的理由により修学が困難な人(※所得制限あり)
  2. 本市に住所を有し、引き続き1年以上居住している人又はその子弟
  3. 学業の成績が優れ、性行が正しく、かつ健康である人
  4. 法令その他により、この資金と類似の資金の支給を受けていない人(※入学資金支給希望者に限る。)

入学資金の支給額

  1. 高等学校又は高等専門学校に入学する人
    • 25,000 円以内
  1. 大学に入学する人
    • 50,000 円以内

奨学資金の貸付額

  1. 高等学校に在学する人
    • 月額10,000 円以内
  2. 高等専門学校1年、2年、3年に在学する人
    • 月額10,000 円以内
  3. 高等専門学校4年、5年に在学する人
    • 国、公立
      • 月額40,000 円以内
    • 私立
      • 月額50,000 円以内
  4. 大学に在学する人
    • 国、公立
      • 月額40,000 円以内
    • 私立
      • 月額50,000 円以内

奨学金の返還

高等学校、大学等の正規の修学期間を終了した月、又は貸付の取り消しを受けた日の属する月の6ヶ月後から、貸付期間の3倍に相当する期間内に半年賦等で返還することになります。
(例 高等学校3年間貸付を受けた場合、卒業後6ヶ月後から9年間で返還する。)

申請手続き等

平成30年2月1日から平成30年3月15日(但し、土曜日・日曜日及び祝日を除く午前8時30分から午後5時15分)までに、申請書に必要書類を添付して、教育委員会教育総務課まで提出してください。
なお、期間中に予算を超える申請がない場合は、予算の範囲内で随時受付けます。
 

申請書類等

  1. 奨学に関する申請書 
  2. 奨学生推薦状
    1. 成績証明書の添付
  3. 家族家計状況調書
    1. 同一世帯の所得のある人全員の平成29年分所得を証する書類(源泉徴収票か確定申告書)の添付
    2. 本人又は親等が引き続き1年以上市内に居住していることを証する書類の添付
  4. 連帯保証人に関する調書(※入学資金の支給のみの場合は不要)
    1. 連帯保証人は2名(うち1名は本市に住所を有する人)とし、身元が確実であって独立の生計を営む成年者であること(債務を弁済する能力のある人)。
    2. 申請者が未成年である場合、連帯保証人のうち1名は、親権者又は後見人であること。
    3. 連帯保証人の平成29年分所得を証する書類の添付


教育委員会 教育総務課に備えています。
なお、申請期間中は、市内の各公民館・各中学校、市内及び近隣の高等学校にも備えています。また、市役所のホームページからダウンロードすることもできます。

申請書ダウンロードはこちら

国・県の奨学制度

奨学制度につきましては、国・県をはじめ様々な奨学制度があります。ここではその中で国・県のリンク先をご案内します。