食中毒警報等の解除について

 千葉県内で食中毒警報等が発令されていましたが、平成30年9月30日(日曜日)をもって発令期間が終了となりました。

 食中毒注意報発令期間 平成30年6月1日から平成30年9月30日

 食中毒警報発令期間  平成30年7月17日から平成30年9月30日

 

 食中毒警報等は解除になりましたが、今年度は埼玉、群馬両県における腸管出血性大腸菌O157による食中毒事案が発生しています。

   また、これからノロウイルスが流行する時期になりますので、引き続き食品の取扱い、手指・調理器具の衛生管理に留意しましょう。

   特に抵抗力の弱い子どもや高齢者は重症化になりやすいので注意が必要です。腹痛と下痢が続いたら、すぐに医師の診断を受けてください。感染者の便や汚物から感染することもあるため、汚染された物の取扱いに注意しましょう。

 

食中毒予防の三原則

 (1)細菌を付けないこと(清潔)
 ・調理する前、食事の前に必ず手を洗いましょう。
 ・生肉には食中毒の原因菌がついていることがあります。焼肉をするときは、生肉を扱う箸と食べる箸を使い分けましょう。

 (2)細菌を増やさないこと(迅速)
 ・冷蔵庫は10℃以下に、冷凍庫は-15℃以下に保つよう温度の管理をしましょう。
 ・調理前の食品や調理後の食品は、室温に長く放置するのは避けましょう。

 (3)細菌をやっつけること(殺菌)
 ・肉や魚などの加熱する食品は、中心部までしっかり加熱しましょう(75℃、1分以上)
 ・肉や魚など生ものを扱った調理器具は、その都度、熱湯などで消毒しましょう。

 

 ■食中毒について(厚生労働省ホームページ)