熱中症とは、高温の環境で発生する障害の総称で、夏季の炎天下、運動時や作業時に起きやすいですが、屋内などでも発生する危険があります。軽い症状から急激に症状が悪化することもあり、決して軽視できない病気です。

また、電力不足が懸念されていますが、空調設備の使用を控えることによる、熱中症の増加が心配されます。

高齢者、慢性疾患患者、乳幼児などは、特に注意が必要です。最新の天気予報や熱中症予報等の情報を確認しましょう。

熱中症に関する指標の一つとして、暑さ指数(WBGT)があります。

 

暑さ指数とは

暑さ指数は、乾球温度計、湿球温度計、黒球温度計の数値を使って計算しますが、気温だけでなく、湿度が高くなると特に数値が上昇します。

暑さ指数が28℃を超えると、熱中症のリスクが大変高まるといわれています。

詳細は下記サイトをご覧ください。

環境省熱中症予防情報サイト

各地点の暑さ指数(環境省熱中症予防情報サイト)

 

熱中症の正しい予防法

 

(1)こまめな水分補給をしましょう

発汗で体液量(血液量)が低下すると、体温調節機能が低下していきます。汗をかく量や尿の量が少なくなったり、尿の色がいつもより濃くなったら要注意です。また、人間は軽い脱水状態のときには喉の渇きを感じません。そこで、喉が渇く前あるいは暑いところに出る前から水分を補給しておくことが大切です。

なお、アルコールは尿の量を増やし、体内の水分を排泄してしまうため、汗で失われた水分をビールなどで補給しようとする考え方は誤りです。一旦吸収した水分もそれ以上の水分がその後に尿で失われてしまいます。

 

(2)衣服の工夫で暑さを防ぎましょう

首周りをネクタイや襟で締めると、前胸部の熱気や汗が出て行きにくくなり、不快感を生じます。襟元はなるべくゆるめて通気しましょう。ぜひ、クールビズ「COOL BIZ」を実行してみてください。

汗を吸いにくいワイシャツやブラウスの場合は、吸汗速乾性のインナーなどを着るとべたつきを防いで快適です。

普段の室内生活では、タンクトップに短パンなど皮膚を露出させることが効果的ですが、戸外では反対に皮膚の露出を抑え、日傘やつば広の帽子などで日射対策を心がけましょう。

 

(3)冷却グッズを上手に使い、より快適に過ごしましょう

首や頭に水でぬらしたスカーフやバンダナを巻くと気化熱で体温を下げることができます。就寝時にも水(氷)枕や、涼しく就寝できる寝具を用いることで、暑い夜をより快適に過ごしましょう。

 

(4)住まいの工夫で暑さに対応しましょう

樹木、緑のカーテン、よしず、すだれなどで日差しを防いだり、風通しをよくして涼しく過ごしましょう。うちわや扇風機の風を体に当てたり、屋根や庭への水まきや植物の蒸散の気化熱を利用することも効果的です。

また、節電下においても、上手にエアコンを利用し、熱中症を未然に防ぐことも大切です。

 

(5)外出時の注意で体感温度を下げましょう

屋外では日陰を選んで通行したり、信号待ちなどで立ち止まる場合は涼しい木陰や建物の陰に入るなどして体感温度を下げましょう。

また、外に出る時は帽子などを使用しましょう。

 

熱中症に関する情報はこちら

日本生気象学会

厚生労働省熱中症リーフレット

環境省熱中症予防情報サイト