犬・猫の飼い方について

 動物を飼っている人は、法律や条例を守ることは当然ですが、義務付けられていなくても周辺住民や通行人に迷惑をかけないように配慮してください。

糞尿のあと始末

 犬や猫の糞尿の不始末により不快な思いをしたり、塀や門柱におしっこをされて迷惑を受けている人がたくさんいます。
 犬が散歩中に糞をした場合は、責任を持って必ず持ち帰るようにしましょう。
 散歩とトイレを一緒に考えている方も多いと思いますが、トイレは自宅で行うようにしつけてください。

放し飼いはしない

 犬は鎖などにつなぐか、檻に入れて飼ってください。
 放し飼いをすると、人を咬む、他人の庭や畑を荒らす、予定外の繁殖行為をするなどの問題が生じます。
 また、交通事故により犬自身も犠牲になることがあります。
 夜間に運動や排便のために放すことは、大変危険な行為ですので、放さないでください。
 また、散歩はリード(引き綱)をつけて制御できる人が行いましょう。

 猫は、つないで飼う法的義務はありませんが、放し飼いをしていると、ご近所の庭や洗濯物を汚したり、自動車にキズをつけたりして問題になります。
 また、猫自身にとっても、交通事故にあう、けんかで負傷する、病気をうつされる、繁殖行為をしてしまうなどの問題が生じます。
 猫は室内で飼うようにしてください。

迷子になったときの対応

 犬や猫がいなくなったら、自分で考えられるところをさがしてください。
 犬は、捕獲されている場合がありますので、すぐに保健所、警察署、市役所に問い合わせてください。
 なお、首輪などに鑑札や飼い主の連絡先を必ず着けてください。