就学援助(準要保護制度)について

木更津市では、お子さんを小・中学校に就学させるのに経済的理由でお困りの方に対して、学用品費、給食費などを援助する制度(準要保護制度)を設けています。

就学援助制度のお知らせ[98KB pdfファイル] 

就学援助を受けることができる方

次のすべてに当てはまる方。
・子どもが木更津市立小学校及び中学校に在学している。
・要保護(生活保護法による援助受給者)に準ずる程度に困窮している。
 

就学援助費の内容

学用品費

・小学校 年額11,420円

・中学校 年額22,320円

通学用品費

・小学校2年生から6年生 年額2,230円

・中学校2年生及び3年生 年額2,230円

新入学用品費

・小学校 40,600円

・中学校 47,400円

*平成31年4月に木更津市立の小学校へ入学予定のお子さんのいる、経済的にお困りのご家庭に、

 入学前に「新入学用品費」をお渡しできます。

 詳細については、

 新入学用品費のお知らせ20181015-110719.pdf [424KB pdfファイル]をご覧ください。

 

 

宿泊を伴わない校外活動費

・小学校 上限額1,570円

・中学校 上限額2,270円

宿泊を伴う校外活動費

・小学校 上限額3,620円

・中学校 上限額6,100円

修学旅行費(小学校6年生・中学校3年生)

 交通費・宿泊費・見学料などの実費支給

※対象外の経費があります

給食費

実費支給

医療費

実費支給

※学校の健康診断において、治療の指示を受けた一部疾病のみが対象の有効期限付きの医療券を発行します。

日本スポーツ振興センター共済掛け金(年度当初申請者のみ)

掛金は教育委員会が負担します。

注意事項

・年度途中から認定された場合は、認定月以降が援助の対象となります。

・生活保護を受けている方は、修学旅行費と医療費のみが修学援助制度で支給されます。

認定基準となる収入金額

認定基準となる収入金額は、国の定める生活保護基準を基に算出しており、世帯の年齢構成・人数などによって異なります。

認定の目安

家族人数 総収入額 家族構成
2人 約301万円 父または母(30歳代)・小学2年生
3人 約375万円

父または母(40歳代)・小学6年生・小学3年生

6人 約567万円 父(40歳代)・母(30歳代)・子4人(高校1年生・小学5年生・小学4年生・幼児)
※世帯に収入のある方が複数いる場合は、合算した額が総収入額になります。 

申請の方法

申請は随時受け付けています。
年度当初の認定を希望する場合は、学校が指定する日に間に合うように提出してください。
年度途中での申請・認定の場合、支給は認定を決定した月の初日からとなります。

1. 学校に相談のうえ「申請書」 [20KB docxファイル] を受け取る。
2. 学校へ「申請書」と「同居の18歳以上の家族全員の収入がわかる書類」を提出。
3. 教育委員会で審査。
4. 審査結果を学校を通じて保護者へ連絡。

援助費の支給

 年3回(7月・12月・3月)学校を通じて支給

※新入学用品費のみ6月に支給