津波浸水予測図について

  平成23年3月11日に東日本大震災を受け、市では津波避難のための津波浸水予測図を作成いたしました。この津波浸水予測図は、東京湾口で約10mの高さとなる津波(「東京湾内湾」で津波警報3mに相当)を想定して作成したもので、市民の皆様の安全で的確な津波避難行動に役立てていただくための基礎資料です。 津波浸水予測図は、10mメッシュ(格子)で予測を行った結果に基づき、津波の浸水が予測される範囲と各メッシュでの最大の浸水深(浸水する深さ)を示しています。この予測計算では、潮位が平均的な満潮時(朔望平均満潮位)に津波が来襲し、地震等の影響により防潮施設などの構造物が機能せず、水門が閉鎖できず開放されている場合を想定しています。

 

○津波浸水予測
  • 想定震源域:野島崎沖(南房総市白浜町)
  • 想定津波高:平均10m(東京湾湾口)
  • 想定津波高:2.3m~4.0m
  • 浸水面積 :14.68平方キロメートル
  •  
※津波浸水予測図を見る際は、以下の点にご注意ください。
  • この津波予測図は、一つのシナリオをもとに、津波浸水予測を行ったものであり、地震の規模や発生場所等の要因により津波の挙動が異なるため、発生状況によっては、浸水範囲が異なる可能性があります。
  • 浸水深は10mメッシュでの平均的な値を示したものであり、地面等により、浸水深が広がる可能性があります。
  • 津波による浸水は、第1波ではなく、第2波あるいは第3波で最大となる場合があるので、第1波での浸水で安心せず、第2波以降に備えて避難することが重要です。

 

   木更津市津波浸水予測区域図 [739KB pdfファイル]