本市では、一般廃棄物処理基本計画(平成23年2月)に基づき、廃棄物の減量化・資源化及び適正処理を進めているところですが、事業系ごみの排出量が、他自治体の水準と比較して大変多い状況であり、事業系ごみの減量化・資源化の推進が喫緊の課題となっています。
このような中、市内の事業者のごみ減量や資源化(リサイクル)に関する取組状況や考え方などを把握し、今後の施策を進めるうえでの参考とするために、本アンケート調査を実施しました。
 

調査項目
  1. 事業所の概要
  2. 事業所から発生するごみの処理について
  3. ごみ減量やリサイクルの取組状況などについて
     
調査仕様
  1. 調査地域  木更津市全域
  2. 調査対象  市内に所在する事業所から業種等を考慮して無作為に抽出した1,000事業所
  3. 調査方法  郵送配布・郵送回収
  4. 調査期間  
     調査票発送開始  平成24年3月1日
     調査票投函期限  平成24年3月27日
     
回収数・回収率
  1. 発送数  1,000通
  2. 返却数  10通(宛先不明等)
  3. 有効発送数 990通
  4. 回答数  474通
  5. 回答率  47.9%
     

ごみ減量・リサイクルに関する事業所アンケート調査結果報告書 [969KB pdfファイル] 
 

(参考) ごみ減量・リサイクルに関する事業所アンケート調査票 [442KB pdfファイル] 
 

本アンケート調査で得られたデータや、事業所の皆さまからいただいた貴重なご意見は、今後のごみ減量化・リサイクルや適正処理を進めていくうえで参考とさせていただきます。
ご協力ありがとうございました。