通学路の危険箇所の緊急合同点検

平成24年4月以降に、全国で相次いで発生した登下校中の交通事故を受け、文部科学省、国土交通省、警察庁の3省庁より、危険箇所の抽出をし、安全対策の検討および実施の要請がなされました。
これを受け、本市では、小学校18校で通学路における危険箇所の抽出を行ったところ、77箇所の危険箇所を特定しました。
この77箇所に対して、道路管理者、木更津警察署、小学校及び教育委員会で緊急合同点検を行い、対策案を協議し、それに沿って各分野で対策を進めてきました。
今回、各小学校の危険箇所、緊急合同点検、対策の状況と平成24年11月30日現在と平成25年3月31日現在の対策の進捗状況を取りまとめましたので公表します。

通学路の危険箇所の緊急合同点検結果について


<平成24年11月30日現在>

通学路の安全点検状況 緊急合同点検の結果及び対策一覧表.pdf [366KB pdfファイル] 

<平成25年3月31日現在>

通学路の安全点検状況 緊急合同点検の結果及び対策一覧表.pdf [445KB pdfファイル] 

 

関係資料

通学路の交通安全の確保の徹底について(文部科学省)

通学路の交通安全の確保に関する有識者懇談会の意見取りまとめ(文部科学省)