特別警報の発表開始

 気象庁では、大雨や津波、高潮などにより災害が発生する可能性があるときには、警報を発表し警戒を呼びかけていますが、より激しい大雨や大津波などが予想され、甚大な被害が発生する可能性が高まった場合には、特別な警戒を呼びかけるために平成25年8月から新たに「特別警報」を発表します。
 特別警報は、「東日本大震災」における津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録した「伊勢湾台風」による高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらした「平成23年台風第12号」の豪雨等のような警報の発表基準をはるかに超える異常な現象が予想される場合に発表されます。
 特別警報が発表されたときには、数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。屋外の状況や、避難指示・避難勧告等に留意し、ただちに生命・身体を守るための行動をとってください。
 また、大雨等の被害を最小限に止めるためには、時間を追って発表される注意報・警報やその他の気象情報を入手し、早めの行動を取りましょう。

 詳しくは、気象庁ホームページでご確認ください。
 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/index.html
 
 お問い合わせ先  気象庁銚子地方気象台防災業務課 TEL0479-23-7705