本市で発生したごみは、かずさクリーンシステムで溶融した後、排出された焼却灰(溶融飛灰)を最終処分場に運搬し、埋立処理しています。

しかし、福島第一原発事故の影響により、草木を溶融した際の焼却灰から最終処分場の受け入れ基準を超える放射性物質が検出され、最終処分場への搬入が一時ストップしてしまったことから、現在は家庭から出るもの(※)以外の草木は、クリーンセンターでの受け入れを停止しています。

※ ご本人が刈り取り、せん定し、持ち込んだものに限ります。事業者が委託を受けて処理・運搬したものは、事業者が出したものとなり、受け入れ対象外です。

現在、クリーンセンターでの家庭ごみの受け入れに際してはご本人確認のため免許証などを提示していただいていますが、家庭からの草木以外の大量持ち込みにより放射性物質の濃度が上がってしまうのを未然に防ぐため、大量の草木を持ち込まれる場合には次のとおり、家庭から出たものであることを確認させていただきます。

安定したごみ処理を行うため、皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 

 おおむね2トントラック1杯分以上の草木を持ち込む場合

  • 必ず事前にクリーンセンターに連絡してください。家庭から出た草木であることを現地確認させていただきます。
  • 持ち込みの際、排出者本人を証明するもの(免許証・保険証など)、排出場所にお住まいであることを証明するもの(公共料金の領収書など)を提示していただきます。排出者本人が持ち込めない場合はこれらのコピーをお持ちください。

これらの確認ができませんと、受け入れはできません。

連絡先:クリーンセンター内 まち美化推進課 電話番号0438-36-1133 

 

持ち込みの際のご注意

持ち込みの際は、その量にかかわらず

  • 1束が「枝1本の直径が15cm以内・長さが80cm以内で、束の円周が1m以内」になるようひもで束ねる
  • 容量90ℓ以内の透明なポリ袋に入れる

・・・のいずれかにより、草木以外のごみと混在しないようにまとめてください。

バラで持ち込まれたものは、受け入れできません。