市内の中小企業から出る産業廃棄物の一部については品目・数量等を制限してクリーンセンターで受け入れています。

詳しくはこちら⇒ 「事業所から出るごみ

 

建物解体ごみは産業廃棄物であり、上記の条件を満たす場合はクリーンセンターで受け入れますが、受け入れにあたっては

  1. 市内で発生したものである
  2. 解体工事により発生したものである

以上のことを確認します。

 

建物解体ごみをクリーンセンターに持ち込む場合は必ず事前に連絡のうえ、以下のいずれかの方法により上記1・2についての確認を受けてください。

事前に確認できていないものは、受け入れません。

 

  • 解体工事の施工中にクリーンセンターに連絡し、職員による現地確認を受ける(解体工事終了後は不可)
  • 解体工事請負契約書の写しを提示する

     

 

建物内の残存物品について

建物内に残っている家具等の残存物品は、解体ごみではありません。

建築物の解体にあたっては、建物内の残存物品は解体工事の発注者が事前に処分するものであり、残存物品がある場合には発注者に対して撤去するよう依頼しなければなりません。

これらの残存物品は解体工事に伴って発生した廃棄物ではありませんので、解体業者が自らの事業により発生した廃棄物としてクリーンセンターに持ち込むことはできません。

残存物品は解体工事の発注者が、一般廃棄物であれば一般廃棄物収集運搬許可業者に、産業廃棄物であれば産業廃棄物収集運搬許可業者に依頼するか、発注者本人がクリーンセンターに持ち込むなどして処分しなければなりません。

 

建物解体ごみの区分

建物の解体時に出た「紙くず」「木くず」「繊維くず」は産業廃棄物です。

また、「廃プラスチック」「金属くず」「ガラスくず」「コンクリートくず」「陶磁器くず」などは、事業ごみであれば業種を問わず産業廃棄物となります。

詳しくはこちら⇒ 「事業所から出るごみ

 

クリーンセンターに持ち込めない解体ごみ

建築廃材等、住宅設備等は適正処理困難物であり、市では処理を行っていないので、クリーンセンターには持ち込めません。

  • 建築廃材等

石膏ボード、外壁材、屋根材、断熱材、コンクリート製品・コンクリートくず、レンガ、タイル、瓦、アスファルト、プレハブ、その他建築・建設廃材に類するもの

  • 住宅設備等

浴槽、給湯器、電器温水器、太陽熱温水器、ソーラーシステム、ボイラー

詳しくはこちら⇒ 「市では処理できないごみ