昨今、自転車は、健康ブームや震災を機に環境に優しい乗り物として再認識され、利用者が増加傾向にありますが、それに伴い自転車側が加害者として、多額の賠償を命じる判決を受ける事故も増加しております。

 平成25年7月には神戸地裁で、自転車に乗った当時小学5年生の児童が歩行者に衝突した事故で、当時小学生の母親に対し9,520万円の賠償を命じる判決が下されました。

 自転車は身近な乗り物ですが、一つ間違うと重大な事故を引き起こす凶器にもなり得る危険性があることを認識する必要があります。

 そこで、自転車事故に伴う責任の重さなどについて家族で話し合い、自転車事故を救済するためのTSマーク付帯保険等の各種保険への加入に努めましょう。