平成17年度から厚生労働省では「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」キャンペーンを開始しています。

平成27年には新オレンジプランが策定され、その中で認知症サポーターを平成32年度末までに1,200万人養成することが目標とされました。

「認知症サポーター」は、認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を見守り、支援する「認知症サポーター」を多数養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちを市民の手によってつくっていくことを目指しています。

  

認知症サポーターとは

「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」となります。

認知症サポーターはなにか特別なことをする人ではありません。認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を暖かく見守る応援者です。

たとえば、

・  友人や家族にその知識を伝える

・  認知症になった人や家族の気持ちを理解するように努める

・  隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けする 等

活動内容は人それぞれです。

 

講座内容

認知症の基礎知識(症状・治療や予防・かかわり方等)

 

対象者

どなたでも受講できます。(おおむね10人以上の団体やグループでお申込みください。)

 

受付期間

随時受付しています。

※講師との日程次第ではご希望に添えないことがあります。

 

時間

60分から90分程度

 

会場

受講者の方にご用意していただきます。

 

費用

無料(ただし、会場使用料は自己負担です。)

     

認知症サポーターには「認知症の人を支援します」という意思を示す目印のブレスレット(オレンジリング)が渡されます。
木更津市の認知症サポーター数 累計7,668人(平成30年4月1日現在)

 

 

 

申込先

受講希望者は、高齢者福祉課 地域包括ケア担当又は、各地区の地域包括支援センターへお申込みください。

※受講希望日の1ヵ月前までにお申し込みください。
 

木更津地区    木更津市中部地域包括支援センター  電話:0438-97-7818
波岡・鎌足地区  木更津市南部地域包括支援センター  電話:0438-37-4811
岩根・金田地区  木更津市西部地域包括支援センター  電話:0438-22-3422
中郷・清川・   木更津市北部地域包括支援センター  電話:0438-97-2561
富来田地区

 

お問い合わせ

上記の各地域包括支援センター又は高齢者福祉課 地域包括ケア担当にお問い合わせください。
高齢者福祉課 地域包括ケア担当 電話:0438-23-2630

 

関連情報

認知症サポーターキャラバンホームページ