建築物防災週間は、火災、地震、がけ崩れ等による建築物の被害や人的被害を防止し、安心して生活できる空間を確保するために、広く一般の方々を対象として、建築物に関連する防災知識の普及や、防災関係法令・制度の周知徹底を図るため、春と秋の毎年2回実施しています。

 

実施期間

 平成30年3月1日 木曜日から 平成30年3月7日 水曜日

 

防災査察の実施

 不特定多数の人が利用する建築物や大規模倉庫等を中心に、防災的に建築物が適正に管理されているか立入調査をします。

 

住宅・建築物の所有者・管理者に対する広報活動

 建築物を所有している方は、法律に沿った適正な維持管理に努めるようお願いします。

 建築指導課窓口でパンフレットを配布しています。