サービス付き高齢者向け住宅制度とは

 
 サービス付き高齢者向け住宅制度は、国土交通省・厚生労働省の「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)」の改正により創設された登録制度で、登録は都道府県・政令市・中核市が行います。
 サービス付き高齢者向け住宅は、バリアフリー構造、一定の面積、設備等のハード面の条件を備え、あわせて安否確認や生活相談サービスが行われます。その他の生活支援・介護・医療サービスの内容や提供・連携方法については様々なタイプがある為、登録されたサービス付き高齢者向け住宅を個別に確認して下さい。
 
○登録されたサービス付き高齢者向け住宅については、以下のサイトから検索できます。
 
 
 
○登録等の詳細については、窓口である千葉県のホームページをご覧ください。