「食育ってなに?」

 私たちは毎日食事をして生活をしています。
 「食」は私たちの心と体の健康を保ち、生涯にわたって生き生きと暮らすための基本です。
 「食育」とは、食に関する知識や正しい情報を選択する力を身につけ、自然の恩恵や食に関わる人々の活動への感謝・理解を深め、心身ともに健康な食生活を実践するための取り組みです。

 

 近年は、社会環境・食生活をめぐる環境が大きく変化したことで、

  • 栄養の偏り
  • 不規則な食事
  • 肥満や生活習慣病の増加
  • 食の海外への依存
  • 伝統的な食文化の危機
  • 食の安全

など、様々な問題が生じています。

 

 平成17年6月に成立した「食育基本法」では「食育」を

  • 生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるもの
  • 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること

 と位置づけています。

 

 木更津市では健康づくりのための計画として平成18年に「第1次健康きさらづ21」、平成24年に「第2次健康きさらづ21」、そして平成28年3月には食育推進計画を包含した「第3次健康きさらづ21」を策定しました。

  •  「第3次健康きさらづ21」はこちらから。

  

食育の推進

 社会環境の変化を背景に、毎日の食の大切さが失われ、少食や過食、糖尿病等生活習慣病有病者の増加、ライフスタイルの変化から起こる朝食欠食や「こ食」などの食に起因する問題が顕著になってきています。

 いろいろな「こ食」

個食・・・同じ食卓についていてもバラバラのものを食べている
固食・・・同じものばかり食べている
子食・・・子ども達だけで食べてる
孤食・・・一人で食べる

 豊かな人間性を育む基礎作りとして、家族と一緒に食事をとりながらコミュニケーションを図る「共食」を推進します。

 

「共食」って?

 一人で食べるのではなく、家族や友人、職場や地域の人など、だれかと一緒に食事をすることです。

 いいこといっぱい、一緒に食べよう

  • おいしく食べられる
  • 食事のマナーが身に付く
  • 苦手な食べ物も食べようとするきっかけになる
  • 絆がより深まる
  • 心も体も元気にしてくれる
  • 食文化が継承される