10月の食育コラム! 

 

「マナー~食事の時の食べ方~」new!
 

過去のコラムはこちら

  

 

  

今月は、マナー“食事の時の食べ方”について

いくつかの視点から考えていきましょう。

 

○料理の配膳

日本の伝統的な食事である和食は、主食・主菜・副菜を揃えます。

主食のごはんは左側、汁物は右側になります。

主菜は右奥、副菜は中央部や空いている左側に置きます。

 

 

“一汁三菜”という言葉の通り、主菜・副菜2皿を揃えると、

バランスの摂れた食事へ近づきます。

 

○音

食事をする時、食器のガチャガチャや噛む時のクチャクチャなど、

音をたてていませんか?

そばなどを食べる時に出る音以外は、

基本的に、音をたてないよう意識しましょう。

 

○スピード

早すぎても、遅すぎても、周りの人に気を使わせてしまいます。

一緒に食べる人のペースに合わせることを意識しましょう。

 

 

3ヶ月にわたり、食事の時のマナーについて考えてきましたが、

いかがでしたか?

 

食事の時の姿勢・箸の持ち方・食べ方を意識すると、

自分も回りの人も心地よく食事を楽しむことができるのではないのでしょうか?

 

 

 

 

   

 

過去の食育コラム

平成30年度

平成29年度

     私の理想体重の食事量 [114KB pdfファイル] 

     「グー・パー食生活ガイドブック」(春夏版)はこちら

     「グー・パー食生活ガイドブック」(秋冬版)はこちら

     「千葉型食生活食事ガイドブック」はこちら

平成28年度

平成27年度