木更津市ではこれまで、平成22年3月に策定した「木更津市地域公共交通(路線バス)に関する基本方針」で示した「現行の路線バスを維持していく」という基本的な考え方に基づき、不採算路線に補助金を支出するなど、路線バスの維持対策に努めてきましたが、人口減少・少子高齢化が加速度的に進展している状況においては、民間事業者の事業運営にともすれば任せきりであった、従来の枠組みを見直す必要が生じてきたことから、木更津市地域公共交通活性化協議会において専門的なご意見を頂き、平成29年3月に基本方針を全面的に改正しました。 

この基本方針に沿って、「まちづくりと一体となった持続可能なバスネットワークの構築」に取り組んでまいります。

木更津市地域公共交通(路線バス)に関する基本方針.pdf [668KB pdfファイル]