都市の低炭素化の促進に関する法律(平成24年法律第84号。)が平成24年12月4日に施行され、二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物を認定する制度が始まりました。認定を受けた建築物については、税制優遇や容積率の緩和などを受けられる制度が設けられています。この認定を受けるためには、低炭素化のための建築物の新築等に関する計画を作成し、木更津市に認定を申請する必要があります。

 

 申請の際には、「木更津市の収入証紙」を朝日庁舎2階の千葉銀行又は会計室(午後4時以降)で購入し、窓口まで貼らずに持ってきてください。手数料は以下のとおりです。

 

低炭素建築物認定手数料一覧 [44KB pdfファイル]