安全な帰宅のために

  職場や学校、外出先など、自宅から離れた場所にいるときに、大規模な災害が発生すると、自宅に帰ることが困難になる人が多数発生することが予想されます。

地震発生時の外出者のうち

  • 自宅までの距離が10キロメートル以内の人は、全員「帰宅可能」「徒歩帰宅者」
  • 帰宅距離10から20キロメートルでは、個人の運動能力の差から、距離が1キロメートル長くなるごとに帰宅困難となる人の割合が10%増加していきます。
  • 帰宅距離が20キロメートル以上の人は、全員「帰宅困難」「帰宅困難者」

 

災害発生時の安全な徒歩帰宅のために

 職場や学校、外出先など、自宅から離れた場所にいるときに、大規模な地震が発生し、電車などの公共交通機関が止まってしまうと、帰宅することが困難になる恐れがあります。
 

帰宅困難に関する被害想定

 千葉県が実施した地震被害想定調査では、東京湾北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生した場合、都内や県内などにおいて、最大で約108万人の県民が帰宅困難者になると予測しています。また、東日本大震災においても、県内各地で多くの方が帰宅困難者となり、自宅へ帰れない、または徒歩で帰宅した方が多く発生しました。
 

むやみに移動を開始せず、まずは情報収集から

 地震等が発生した直後に、多くの人々が一斉に徒歩帰宅を始めた場合、路上や鉄道駅周辺では大混雑が発生し、集団転倒にまき込まれたり、火災や沿道の建物からの落下物等により負傷する恐れがあります。むやみに移動を開始せず、身の安全を確保するとともに、落ち着いて交通情報や被害情報等を確認し、適切な行動を心がけましょう。
 

安全に帰宅するための基本原則

もしも外出中に地震などが発生したら!!

  • まずは自身の身の安全を確保しましょう。
  • 慌てて移動を開始するのはやめましょう。
  • 家族の安否や自宅の無事を確かめましょう。
  • 交通機関の情報や道路の被害状況などを入手しましょう。
  • 周囲の状況などに応じて、安全を最優先させましょう。

 災害発生直後の安否確認の手段として、災害用伝言ダイヤル171(一般電話)、携帯電話災害用伝言板、web171(パソコン)などが利用できます。これらは、毎月1日、防災週間、防災とボランティアの週間などに体験利用が可能です。
 電車や道路の情報は、県の防災ポータルサイトや鉄道各社のホームページで確認することができます。携帯電話にも対応していますので、外出先でも情報を入手することができます。
 

日頃からの備えが大切です

外出先で帰宅困難となった場合を想定し、日ごろから徒歩帰宅や一時的な避難に備えて必要な物資などを準備しておくことが大切です。

  • 携帯ラジオを持参しましょう。
  • 職場などに歩きやすいスニーカーや懐中電灯、手袋、飲料水や食糧などを用意しておきましょう。
  • 事前に災害発生時の安否確認の方法や集合場所を家族で話し合っておきましょう。
  • 実際に歩いて帰宅経路の状況を確認し、帰宅地図を作成しておきましょう。
  • 自宅の耐震化や家具などの転倒防止対策などを実施し、自宅の損壊や家族のケガの原因を減らしておきましょう。

帰宅支援協定による支援

  千葉県を含む九都県市では、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンドなどと帰宅支援に関する協定を締結しています。帰宅困難者に対し、水道水やトイレの提供、地図などによる道路情報、ラジオなどで知り得た通行可能な道路、近隣の避難場所に関する情報提供を行うこととなっています。
  こうした店舗には、「災害時帰宅支援ステーションステッカー」が掲示されています。

  • 店舗やライフラインなどの被害の状況によっては、支援が実施できない場合があります。
  • 九都県市:千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉市、さいたま市、横浜市、川崎市、相模原市

      

○コンビ二エンスストアなど   ○千葉県石油商業組合に加盟する県内ガソリンスタンド   

 

千葉県における官民連携の取組み

千葉県では、県や市町村、交通事業者や大規模集客施設事業者、警察や消防などが連携して帰宅困難者対策の推進に取り組んでいます。

千葉県帰宅困難者ホームページ