り災証明書・り災届出証明書について

地震や台風などの自然災害によって家屋等への被害を受けた場合、公的支援の手続きや保険請求の手続きのために、市の証明書が必要になる場合があります。こういった場合、市では「り災証明書」または「り災届出証明書」を発行します。

 

り災証明書

り災証明書とは

り災証明書は、「災害に係る住家の被害認定基準運用指針(内閣府)」により被害程度を判定することができる「住家等の建築物」を対象としています。

証明書の発行にあたっては、市の職員による「住宅被害認定調査」を行い、全壊・大規模半壊・半壊・一部損壊・床上浸水・床下浸水の区分で被害程度を判定します。

内閣府の住家の被害認定のページはこちら

 

手続きに必要なもの

  • り災証明願
  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基カード、保険証等)
  • 被害の状況がわかる写真
  • 建物図面(提出することができる場合のみ)

 

り災届出証明書

り災届出証明書とは

自然災害による物件等の被害について写真等で確認し、被災者からり災の届出があった旨を証明するものです。

このため、市の職員による「住宅被害認定調査」は行わず、被害程度についても判定しません。

保険会社や各種被災者支援制度の利用などにおいて、具体的な損傷割合を求められていないものについては、基本的に「り災届出証明書」による証明となります。

 

手続きに必要なもの

  • り災届出証明願
  • 印鑑
  • 被害の状況が分かる写真
  • 被害を受けた物件の位置図
  • 建物等の修繕等に関する見積書等
  • り災届出証明書発行手数料(1通あたり300円)

 

提出様式

り災証明願.pdf [86KB pdfファイル] 

り災届出証明願.pdf [48KB pdfファイル] 

り災証明願.docx [21KB docxファイル] 

り災届出証明願.doc [31KB docファイル]