クリミア・コンゴ出血熱について

 スペインの首都マドリッドにおいてクリミア・コンゴ出血熱の発生が確認され、西ヨーロッパで最初の感染例と考えられています。発生地域に渡航される際は注意が必要です。
 また、発生地域から帰国し、疑わしい症状がある場合には早期に受診し、適切な治療を受けることが重要です。

・発生地域
 中国西部、東南アジア、中央アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ

・感染経路
 ウイルスを保有したマダニに咬まれる、感染動物(特にヒツジなどの家畜)と接触する

・主な症状
 2~9日の潜伏期ののち、発熱、関節痛、発疹、紫斑(出血)、意識障害など

・感染予防
 草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、素足でのサ ンダル履き等は避ける。また、家畜などにむやみに触れない。

 

・関連ホームページ 
 クリミア・コンゴ出血熱について(厚生労働省)