「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」が平成27年7月8日に公布され、容積率特例や表示制度等の誘導的措置について平成28年4月1日に施行されました。
 この法律は、社会経済情勢の変化に伴い建築物におけるエネルギーの消費量が著しく増加していることに鑑み、一定規模以上の建築物の建築物エネルギー消費性能基準への適合性を確保するための措置(規制的措置)、建築物エネルギー消費性能向上計画の認定その他の措置(誘導的措置)を講ずることにより、建築物のエネルギー消費性能の向上を図り、もって国民経済の健全な発展と国民生活の安定向上に寄与することを目的としています。
この認定を受けるためには、建築物省エネ法の認定に関する計画を作成し、木更津市に認定を申請する必要があります。

 

 申請の際には、「木更津市の収入証紙」を朝日庁舎2階の千葉銀行又は会計室(午後4時以降)で購入し、窓口まで貼らずに持ってきてください。手数料は以下のとおりです。

建築物省エネ法認定等申請手数料 [108KB pdfファイル]