地域まち美化推進支援事業

 本事業は、平成27年度から、木更津市まちをきれいにする条例に基づき実施している事業です。

目 的

 地域の生活環境の美化の促進及び美観風致の維持のため、地域住民、団体、法人等が自主的に取り組むまち美化事業を市が支援することにより美しいまちづくりの推進を図ります。

事業内容

 現在は、市内19校の小学校において、児童や学校支援ボランティアで育てた花を、学校支援ボランティア、地域住民、団体、法人等に協力してもらい、歩道や店舗等の公共的な場所に植栽をし、地域の美化を図っています。
 なお、まち美化推進課は、花の栽培や植栽等にかかる経費(花の種・プランター・土・肥料等)を負担すること、協力団体の開拓、広報等を支援しています。
 各学校での作業風景等は、随時、ホームページやフェイスブック等で掲載しますので、お楽しみにしてください。
 
 また、今後は小学校での本事業の状況により、小学校以外にも支援を拡大していきたいと考えています。

 

植栽等の場所 

 駅、公民館、公園、歩道、神社、郵便局、老人ホーム、農協、商工会議所、保育園、公会堂、商業施設等

 

花の植栽風景

(第二小、図書館植栽風景)  (東清小、東清公民館植栽風景)

  

(東清小、東清川駅植栽風景) (西清小、苗植風景)

 

(南清小、歩道植栽風景)   (岩根小、歩道植栽風景)

 

(馬来田小、植栽式風景ー1)  (馬来田小、植栽式風景ー2)

 

(馬来田小、植栽式風景ー3)  (馬来田小、植栽式風景ー4) 

 

ご協力のお願い

 本事業は、学校内で育てた花を、地域へ植栽する作業や、その後の水やり等の管理があります。
 学校だけでの管理が難しいため、本事業の目的に賛同いただける、地域住民、団体、法人等の方がいらっしゃいましたら、まち美化推進課までご連絡ください。
 地域の美化のため、ご協力をお願いします。

 なお、市内にあるソニーグローバルマニュファクチャリング&オペーレーションズ(株)では職場で発生した食品残渣をリサイクルして肥料を作り、その肥料を本事業のために無償で提供してくださっています。
 各小学校では、その肥料を活用した花を地域に植栽等して環境美化に役立たせております。