火事が発生したら、いち早く現場に行き、すばやく消火活動を行います。
消火の仕事で大切なのは、今以上に炎が燃え広がらないようにすることです。逃げ遅れた者が出た時は、人命救助を最優先します。また火災だけでなく、地震や風水害などの多様な災害にも備えています。
また、平成19年8月から救急隊だけでは対応困難な場合(高所や狭あい箇所からの搬送等)や、幹線道路上の交通事故等交通量の多い場所での出動に対し二次災害の防止、また、救急隊の警護を目的として消防隊も連携し活動を行なっています。
救命・救出・救護活動をこれまで以上に迅速・確実・安全に行なうため火災時以外でも消防車がサイレンを鳴らして出動することがありますので市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。
 

水そう付ポンプ自動車          

水槽付ポンプ自動車(市内に計7台配置)      梯子車(市内に計2台配車)
 

  • 当直病院やその他の問い合わせについては (22-0119)
  • 火災発生や救助出動の問い合わせは (23-9471)


で案内をしていますので、そちらに問い合わせをお願いします。