食品ロスとは?

本来はまだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物を「食品ロス」といいます。

家庭での食事や外食時の「食べ残し」は食品ロスの要因の1つです。

日本では年間約630万トンの食品ロスが発生しています。

これを日本人1人当たりで考えると、毎日お茶碗約1杯分(約136g)のごはんの量を捨てていることになります。

 

木更津市では「オーガニックなまちづくり」を推進しています。

持続可能な未来を創るために、大切な食べ物を無駄なく消費して、食品ロスを減らすためにわたしたちにできる取り組みを紹介します。

 

30・10(サンマル・イチマル)運動

 「もったいない」をキーワードに「宴会などの開始後30分間と終了前10分間は席について料理を楽しむ」という運動です。

木更津市では「オーガニックなまちづくり」の取り組みのひとつとして、「おいしく、楽しく、食べきる」を意識して食品ロスを削減する取り組みを推進します。

 

・乾杯をしたあとお酌に回る前、最初の30分間はまず自分の席に座り料理を楽しみましょう。

・そろそろお開きになる、最後の10分間も自分の席に戻って料理をいただきましょう。

 

送別会や歓迎会、お花見など宴会が増えてくる季節になりました。

宴会の幹事さまにお願いです。

宴会の始まりとお開きの前に、ぜひアナウンスをお願いします。

残さず食べて、料理と会話を楽しみ、気持ちのよい宴会にしましょう。

 

また、環境省では食品ロス周知啓発のため、卓上三角柱POPを作成しています。

詳しくはこちら→30・10運動普及啓発用三角柱POPデータ

環境部各課の受付に設置しています。

 

千葉県全体で取り組んでいます。ご協力お願いします。

ちば食べきりエコスタイル

ごみになってしまう、家庭での食事や外食での「食べ残し」をできるだけ減らしていくための運動です。