千葉県建築行政マネジメント計画(木更津市)

 「建築行政マネジメント計画策定指針の制定について(技術的助言)(平成22年5月17日付け国住指第655号)」及び同計画策定指針に基づき、県、特定行政庁、関係機関及び建築関係団体が連携して、「千葉県建築行政マネジメント計画」を策定し、円滑かつ適確な建築行政の執行に努めてきました。
 今般、前計画(第1次)の実施期間(平成23年度~平成26年度)の終了に伴い、千葉県特定行政庁連絡協議会(※1)では、近年の建築物等に係る事件・事故や法改正に伴う制度の見直しなど、社会的要請の変化も踏まえ、「千葉県建築行政マネジメント計画(第2次)(木更津市)」を策定しました。
 今後、木更津市では、この計画に基づき、引き続き円滑かつ適確な建築行政の執行に努めてまいります。

※1 千葉県特定行政庁連絡協議会
千葉県特定行政庁連絡協議会は、千葉県、県内の特定行政庁13市(千葉市、市川市、船橋市、松戸市、柏市、市原市、佐倉市、八千代市、我孫子市、浦安市、習志野市、木更津市、流山市)及び限定特定行政庁8市(鎌ヶ谷市、野田市、君津市、成田市、茂原市、四街道市、白井市、印西市)で構成する協議会です。

建築行政マネジメント計画とは

建築物の安全性を確保するため、行政と民間の確認検査機関等の役割分担を明確化し、取り組むべき施策を定め、円滑かつ適確な建築行政の推進を目的とした計画です。

千葉県建築行政マネジメント計画(第2次)(木更津市)について

計画の主な施策構成
  • 建築行政に係る体制整備
  • 法制度の普及・啓発
  • 法制度の実効性確保
 計画の実施期間

平成27年度から平成31年度まで(5年間)

計画本文
 計画の進捗状況

 千葉県建築行政マネジメント計画(第2次)(木更津市)の進捗状況は次のとおりです。