東日本大震災追悼における弔意表明

 東日本大震災は、被災地域が広範に及び、極めて多くの尊い命を奪うとともに、国民生活に多大な影響を及ぼした未曽有の大災害でした。突然の地震とその直後の津波等で亡くなられた方々の無念の思いと、最愛の家族を失われた御遺族の皆さまの深い悲しみに思いを致しますと、誠に痛恨の極みであり、哀惜の念に堪えません。

 ここに震災により犠牲となられた方々に対し哀悼の意を表すべく、3月11日の午後2時46分、市民の皆さまも、それぞれの場所において、心から黙とうを捧げられますよう、よろしくお願い申し上げます。