生活保護とは

私たちの一生の間には、病気やけがで働けなくなったり、高齢のため収入が少なくなったりなど、さまざまな事情から生活費や医療費に困ることがあります。
生活保護は、このように生活に困っている世帯を対象に、その状況や程度に応じて、最低限度の生活保障を行い、併せて一日でも早く自分たちの力で生活できるように支援する制度です。
この制度は、生活保護法という法律で決められていて、条件を満たせば、生活に困っている全ての国民に保障されることになっています。
家族全員で、次のようなあらゆる努力をしても、なお生活していけないときに、生活保護を受けることができます。

働ける方は、能力に応じて働いていただくことになります。
資産(土地、家屋、自動車、預貯金、生命保険、有価証券・貴金属など)のうち、保有が認められないものは、活用または処分し生活費や医療費にあててください。
年金・恩給・各種手当てなど、他の法律や制度で受給できるものがあれば、全て受給してください。
あなた方と生活を別にしている親・子・兄弟姉妹・親戚などから援助を受けられるときは、まずそれを受けてください。援助を受けられるかどうか不明でも、援助を受けられるよう努力してください。また、離婚などで、母子家庭となった方は、養育費を受けられるよう努力してください。

 

生活保護の手続き

生活保護が受けられるかどうか、受けられるとしたらどの程度なのかは、それぞれの世帯の状況によって異なりますので、ご相談ください。
生活保護を申請できる方は、ご本人もしくは扶養義務者または同居の親族です。
申請から調査をして決定まで2週間から1ヶ月程度かかりますので、お早めにご相談ください。