建築基準法第43条第1項ただし書許可とは

 建築基準法により、建築物を建築する敷地は、避難上、消防上などで支障がないよう建築基準法上の道路に2m以上接していなければならないと定められています。

 ただし、建築しようとする敷地の前面通路が建築基準法上の道路に該当しない場合、または建築基準法上の道路に接することのできない敷地については、その敷地の周囲に広い空地を有する場合など「交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がない」と判断できるものについて、特定行政庁の許可により建築することができることとなっています。これが建築基準法第43条第1項ただし書の規定による許可です。

(参考:建築基準法の道路について

申請方法

 許可手続の概要および許可取扱基準については建築基準法第43条第1項ただし書許可概要 をご覧ください。

 事前相談および申請に必要な書類等については、こちら(→申請書ダウンロード)からダウンロードをお願いします。

 詳細は建築指導課建築審査担当へお問い合わせください。