平成30年度児童手当・特例給付現況届について

 児童手当・特例給付の受給者は、毎年6月1日における状況を現況届により市に届け出し、引き続き受給資格(児童の監護、生計同一関係など)があるか審査を受ける必要があります。

 対象となる人には5月末に現況届を順次発送いたしますので、必要な事項を記入のうえ、必要書類を添付して提出してください。

 提出がない場合には、6月分以降の手当(10月支給予定)が受けられなくなりますのでご注意ください。

 児童手当とは  

 

受付期間

 平成30年6月1日(金曜日)から平成30年6月29日(金曜日)まで【郵送の場合は必着】

 ※ 提出期限を過ぎても必ず現況届は提出してください。

 ※ 提出されていない方には現況届未提出の督促が届きます。

 

提出書類

次に該当する場合は、現況届と一緒に該当する書類の提出が必要となります。

1.木更津市の国民健康保険に加入していない方

・受給者本人の「健康保険証のコピー」もしくは「年金加入証明」

 

2.平成30年1月1日現在、木更津市に住所はあるが平成30年度の申告が済んでいない場合

・父母の「平成30年度(平成29年度分)所得の申告の控」※コピー不可

(1)配偶者控除の確認がとれる申告書の控の場合は配偶者分を省略できます。

(2)平成30年1月1日現在で住民登録のあった市町村で発行されます。申告書の控や源泉徴収票、給与所得に係る特別徴収額の通知書等では代用できません。

 

3.お子様と別居されている場合

・「別居監護申立書」

・「お子様世帯全員分の住民票(本籍・続柄・個人番号が記載されているもの)」(お子様が市外の場合)

   ⇒お子様が市外にいる方は上記の住民票が必要となります。

 

4.父母以外の方(祖父母等)がお子様を監護している場合

・「養育申立書」

 

注意事項

平成30年1月1日現在、木更津市に住民登録が無かった場合(市外から転入した方)

・現況届裏面へ「平成30年1月1日時点の住所」の記載をお願いします。

※平成29年11月13日からマイナンバー制度による情報連携の適用が開始され、木更津市で課税されていない場合に必要であった、請求者及び配偶者の該当年「所得・住民税額の証明書」の提出が原則不要になりました。所得情報の確認を行う上で、該当年の住所地の情報が必要となるため、現況届様式裏面「平成30年1月1日時点の住所」のご記入をお願いします。 

 

 提出方法

1.郵送する場合

同封の返信用封筒に82円切手を貼付し、6月29日(金曜日)必着で郵送してください。

2.持参する場合

直接、子育て支援課窓口(イオンタウン木更津朝日2階)へ持参してください。

持参する場合の受付日時

1.平成30年6月1日から29日までの平日(月曜日から金曜日まで)…午前9時から午後4時まで

2.平成30年6月10日と24日の日曜日                …午前9時から午後4時まで

※期間中窓口が大変混雑いたしますので、郵送による提出にご協力ください。