弾道ミサイル発射直後の情報伝達

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、きさらづ安心・安全メール、エリアメール・緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

 関連リンク

 

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用について

携帯電話・スマートフォンのほとんどが、エリアメール・緊急速報メールを受信できますが、一部には受信できないものがあります。

消防庁では、携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認手順と、受信できない(または受信できるか分からない)場合の対策をまとめています。詳しくは、以下の関連リンクをご確認ください。

関連リンク

 

メッセージが流れた直後に取るべき行動

屋外にいる場合

  • 近くの建物(できれば頑丈な建物)の中又は地下に避難してください。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守ってください。

屋内にいる場合

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

なお、さらに詳しい情報については、以下の関連リンクを参照ください。

関連リンク

 

避難施設について

避難施設については、以下の国民保護ポータルサイトに掲載されています。
避難施設の位置については、以下の災害時における避難所・避難場所のページをご確認ください。

なお、避難施設かどうかにかかわらず、近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難する等してください。

関連リンク