自分の必要な希望するサービスを組み合わせて、ご利用できます。
月の介護サービス利用限度額を超えないよう注意しましょう。

在宅サービス

訪問介護

訪問入浴介護

訪問看護

訪問リハビリテーション

通所介護

通所リハビリテーション

福祉用具の貸与

短期入所生活介護

短期入所療養介護

その他の在宅サービス

居宅療養管理指導

特定施設入居者生活介護

福祉用具購入費の支給

住宅改修費の支給


在宅サービス

要支援1・2、要介護1から要介護5に認定された方が利用できます。認定された要介護度により1ヶ月に利用できる限度額が設定されています。利用者の負担はかかった費用の1割(一定以上所得のある方については2割)です。

訪問介護(ホームヘルプ)

要介護1から要介護5の方

ホームヘルパーが家庭を訪問して、食事、入浴、排せつなどの介助を行う身体介護と、炊事、洗濯、掃除などを行う生活援助を行います。また、通院などの際の乗車・降車の介助および移動の介助(介護タクシー)も利用できます。

利用者負担(1割)のめやす

身体介護中心

20分未満

約170円
20分~30分未満 約250円
生活援助中心

20分~45分未満

約190円
45分以上

約230円 

 

 

 

 

※早朝・夜間・深夜などの加算があります。

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。
 

  • 通院のための乗車または降車の介助(1回)
    • 約100円

 ※移送にかかる費用は別途実費負担となります。
 

要支援1・2の方(介護予防訪問介護)

自力では困難なことを同居の家族や地域での支え合い・支援サービスなどが受けられない場合は、ホームヘルパーによるサービスが利用できます。

1カ月あたりの利用者負担(1割)のめやす

週1回程度の利用

約1,200円
週2回程度の利用 約2,380円
週2回程度を越える利用(要支援2のみ) 約3,780円

 

 

 

 

 

 

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

※身体介護・生活援助の区分はありません。

※通院にかかる乗車・降車等の介助は利用できません。

 

サービスに含まれないもの

原則として、以下のような日常生活を営むのに支障がないと判断できるものはサービスとして含まれませんので、ご注意ください。

  • 本人が使う部屋以外の清掃
  • 本人以外の人の物の洗濯
  • 来客の対応
  • ペットの世話
  • 草むしり
  • 模様替えなど

ページトップへ

訪問入浴介護

要介護1から要介護5の方

寝たきりの高齢者などの家庭を、入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入浴車などで訪問し、入浴の介助を行い、身体の清潔保持と心身機能の維持等を図ります。

利用者負担(1割)のめやす

1回 約1,260円

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

 

要支援1・2の方(介護予防訪問入浴介護)

居宅に浴室がない場合や、感染症などの理由でその他の施設の浴室の利用が困難な場合に限定して、訪問による入浴介護が利用できます。

利用者負担(1割)のめやす

1回 約850円

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

 ページトップへ

訪問看護

要介護1から要介護5の方

疾患などを抱えている人を看護師が家庭を訪問して、療養上の世話や診療の補助を行います。

要支援1・2の方

疾患などを抱えている人を看護師が家庭を訪問して、介護予防を目的とした療養上の世話や診療の補助をします。

利用者負担(1割)のめやす

訪問看護ステーションから 自己負担

20分以上30分未満

約470円 
30分以上1時間未満 約850円

病院・診療所から 自己負担

20分以上30分未満

約400円
30分以上1時間未満 約560円

 

 

 

 

  

※早朝・夜間・深夜などの加算があります。

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

ページトップへ 

訪問リハビリテーション

要介護1から要介護5の方

医療機関等の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が家庭を訪問して、心身機能の維持回復を図り、日常生活での自立を促すよう必要なリハビリテーションを行います。

要支援1・2の方(介護予防訪問リハビリテーション)

家庭での生活行為を向上させる訓練が必要な場合、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が訪問して短期集中的なリハビリテーションを行います。

利用者負担(1割)のめやす

1回 約310円

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

ページトップへ

通所介護(デイサービス)

要介護1から5の方

通所介護施設(デイサービスセンター)などに通い、食事、入浴の提供やその介護、生活面での相談やアドバイスおよび機能訓練、レクリエーションが日帰りで受けられます。

利用者負担(1割)のめやす ※送迎を含む。
(通常規模の事業所/7時間以上9時間未満利用した場合)

要介護1

約670円 
要介護2 約790円
要介護3 約910円
要介護4

約1,040円

要介護5 約1,160円

 

 

 

 


 

 ※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

 

療養通所介護(難病やがん末期の要介護者を対象)

6時間以上8時間未満

約1,530円

 ※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

 

要支援1・2の方 (介護予防通所介護)

通所介護施設で、食事・入浴などのサービスや、生活機能の維持向上のための体操や筋力トレーニングなどあが日帰りで受けられます。

1カ月あたりの利用者負担(1割)のめやす
※送迎・入浴を含む。

要支援1 約1,670円
要支援2 約3,430円

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

ページトップへ

通所リハビリテーション(デイケア)

要介護1から要介護5の方

医療施設や介護老人保健施設などに通い、食事・入浴などの日常生活上の支援や心身機能の維持回復を図り、日常生活での自立を促すよう必要なリハビリテーションを行います。

利用者負担(1割)のめやす
(通常規模の事業所/6時間以上8時間未満利用した場合)

要介護1

 約740円  

要介護2 約890円
要介護3 約1,040円
要介護4

約1,190円

要介護5 約1,340円

 

 

 

 

 

 

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

 

要支援1・2の方(介護予防通所リハビリテーション)

医療施設や介護老人保健施設などに通い、共通的サービスとして日常生活の支援やリハビリテーションを行うほか、その人の目標に合わせた運動器の機能向上・栄養改善・口腔機能の向上を行います。

1カ月あたりの利用者負担(1割)のめやす

要支援1 約1,840円 
要支援2 約3,780円

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

ページトップへ 

福祉用具の貸与

心身機能が低下した高齢者に、日常生活の自立を助ける用具を貸し出します。

対象となる用具

対象となる用具
要介護4・5
要介護2・3
要介護1、 要支援1・2
特殊寝台
○ 
○ 
※原則として、保険給付の対象になりません。
特殊寝台付属品(マットレスなど)
○ 
○ 
床ずれ防止用具
車いす
車いす付属品
移動用リフト(つり具を除く)
体位変換器
認知症老人徘徊感知機器
歩行器
○ 
歩行補助つえ
○ 
手すり(工事を伴わないもの)
○ 
スロープ(工事を伴わないもの)
○ 
自動排せつ処理装置(尿のみ吸引)
自動排せつ処理装置 ※原則として、保険給付の対象になりません。

利用者負担のめやす

実際に貸与に要した費用に応じて異なります。 

ページトップへ 

短期入所生活介護(ショートステイ)

要介護1から要介護5の方

介護老人保健施設などに短期間入所して、食事・入浴・排せつなどの介護や機能訓練を受けることができます。

1日あたりの利用者負担(1割)のめやす
(介護老人保健施設・併設型の施設の場合)
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型個室
ユニット型準個室
要介護1 約590円 約610円 約690円
要介護2 約660円 約680円 約760円
要介護3 約730円 約750円 約830円
要介護4 約800円 約820円 約900円
要介護5 約860円 約880円 約960円

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

※費用は施設の種類やサービスに応じて異なります。

 

要支援1・2の方(介護予防短期入所生活介護)

介護老人保健施設などに短期間入所して、介護予防を目的とした日常生活上の支援や機能訓練などが受けられます。

1日あたりの利用者負担(1割)のめやす
(介護老人保健施設・併設型の施設の場合)
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型個室
ユニット型準個室
要支援1 約440円 約450円 約520円
要支援2 約550円 約550円 約640円

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

※費用は施設の種類やサービスに応じて異なります。

 

短期入所サービスを利用するときの注意点

短期入所サービスはあくまで在宅生活の継続のために利用するサービスですので、以下の点に注意して下さい。

  • 短期入所サービスの連続した利用は30日までとなります。31日目からは全額自己負担となります。
  • 連続して30日を超えない利用であっても、短期入所サービスの利用日数は、要介護認定等の有効期間のおおむね半数を超えないことをめやすとします。

ページトップへ

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)

要介護1から要介護5の方

介護老人保健施設などに短期間入所して、医療上のケアを含む日常生活上の支援や機能訓練、医師の診察などが受けられます。

1日あたりの利用者負担(1割)のめやす
(介護老人保健施設の場合)
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型個室
ユニット型準個室
要介護1 約760円 約840円 約840円
要介護2 約810円 約890円 約890円
要介護3 約870円 約950円 約950円
要介護4 約920円 約1,000円 約1,000円
要介護5 約970円 約1,050円 約1,060円

※費用は施設の種類やサービスに応じて異なります。

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

 

要支援1・2の方(介護予防短期入所療養介護

介護老人保健施設などに短期間入所して、医療や介護、生活機能の維持向上のための機能訓練が受けられます。

1日あたりの利用者負担(1割)のめやす
(介護老人保健施設の場合)
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型個室
ユニット型準個室
要支援1 約580円 約620円 約630円
要支援2 約730円 約780円 約790円

※費用は施設の種類やサービスに応じて異なります。

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

 

短期入所サービスを利用するときの注意点
短期入所サービスはあくまで在宅生活の継続のために利用するサービスですので、以下の点に注意して下さい。

  • 短期入所サービスの連続した利用は30日までとなります。31日目からは全額自己負担となります。
  • 連続して30日を超えない利用であっても、短期入所サービスの利用日数は、要介護認定等の有効期間のおおむね半数を超えないことをめやすとします。

ページトップへ

その他の在宅サービス

居宅療養管理指導

要介護1から要介護5の方

医師・歯科医師・薬剤師・歯科衛生士などが家庭を訪問して、医学的な管理や指導を行います。

要支援1・2の方(介護予防居宅療養管理指導)

医師・歯科医師・薬剤師・管理栄養士などが家庭を訪問して、介護予防を目的とした医学的な管理や指導を行います。
 

利用者負担(1割)のめやす
※在宅の利用者の場合

医師・歯科医師の場合 (月2回まで)

約500円
医療機関の薬剤師の場合 (月2回まで) 約550円
薬局の薬剤師の場合 (月4回まで) 約500円
歯科衛生士等の場合 (月4回まで)

約350円

 

 

 

 

 

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。 

ページトップへ

特定施設入居者生活介護

要介護1から要介護5の方

有料老人ホームなどに入居している高齢者に、日常生活上に必要な支援や介護を行います。

1日あたりの利用者負担(1割)のめやす

要介護1

約540円

要介護2 約610円
要介護3

約680円

要介護4

約740円

要介護5 約810円

 

 

 

 

 

 

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

※費用は施設の種類やサービスに応じて異なります。

 

要支援1・2の方(介護予防特定施設入居者生活介護)

有料老人ホームなどに入居している高齢者に、介護予防を目的とした日常生活上必要な支援や介護を行います。

1日あたりの利用者負担(1割)のめやす

要支援1

約180円

要支援2 約310円

※一定以上所得のある方については2割の自己負担となります。

※費用は施設の種類やサービスに応じて異なります。

 ページトップへ

福祉用具購入費の支給

要介護1から要介護5の方、要支援1・2の方

心身機能が低下した在宅の要介護者が、日常生活の自立を助ける用具を購入する場合に申請をすると、購入費の9割分(一定以上所得のある方については8割分)が福祉用具購入費として支給されます。残りの1割分(または2割分)は利用者負担となります。
※福祉用具販売事業者として指定された事業所から購入したもののみ対象となります。

対象となる福祉用具
  • 腰掛け便座
  • 入浴補助用具
  • 特殊尿器
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具
福祉用具販売(介護予防福祉用具販売)登録事業所(木更津市内)
  • 有限会社やなぎ屋薬局 (本郷1-6-17)

    TEL 0438-41-2669

  • セントケア木更津 (畑沢南3-13-19) 

    TEL 0438-30-1010

  • 有限会社ウエルネス上総 (大和1-4-10-102)

    TEL 0438-20-8002

  • みどりの風(笹子553)

    TEL 0438- 97-8686 

  • カシダス木更津 (大和2-4-1 VIOS木更津-A)

    TEL 0438-23-2111

※市外の福祉用具販売登録事業所で購入した場合も対象となります。
 

支給額

上限額(毎年4月1日から1年間)を10万円分として、実際の購入費の9割分(または8割分)が保険給付分として支給されます。

申請方法

福祉用具購入費支給の取り扱い方法について [217KB pdfファイル] 

※平成23年7月1日から支払い方法が選択できるようになりました。

 受領委任払い制度について

 受領委任払い制度(事業者の登録について)

 

住宅改修費の支給

要介護1から要介護5の方、要支援1・2の方

心身機能が低下した在宅の要介護者が、居住している住宅に手すりを取り付けるなどといった生活環境を整えるための小規模な住宅改修を行った場合、申請をすると改修費の9割分(一定以上所得のある方については8割分)が住宅改修費として支給されます。残りの1割分(または2割分)は利用者負担となります。

対象となる住宅改修 (次の5項目のみ)
  • 手すりの取り付け
  • 床段差の解消 (付帯工事として転落防止柵の設置)
  • 床材の変更
  • 扉の取り替え
  • 和式トイレから洋式トイレへの取り替え
支給額

上限額を20万円分として、実際の改修費の9割分(または8割分)が保険給付分として支給されます。

申請方法

※事前の申請が必要です。事前審査を受けずに着工した工事は、支給の対象となりません。
住宅改修費支給の取り扱い方法について[324KB pdfファイル]   

※平成23年7月1日から支払い方法が選択できるようになりました。

 受領委任払い制度について

 受領委任払い制度(事業者の登録について)

2度めの住宅改修

住宅改修費は、改修時に住んでいる住居において限度額までの支給となっています。ただし、転居した場合や、要介護度が著しく高くなった場合には、例外的に改めて住宅改修費が支給されます。

 

 ページトップへ