予防接種は、感染症に対する抵抗力(免疫)をつけ、感染症から子どもの健康を守るために行うものです。
現在のワクチンは、世界でも優秀で副反応の頻度も少ないものですが、一人一人体質は違いますのでかかりつけの医師によく相談し、予防接種の効果と副反応をよく理解し予防接種を受けましょう。
 

市で行っている予防接種

定期予防接種(A類)

Hib(ヒブ)感染症
小児の肺炎球菌感染症
B型肝炎
4種混合 
ポリオ
BCG
水痘(みずぼうそう)
麻しん風しん混合(MR)
日本脳炎
ジフテリア・破傷風2期
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)
 ※子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨は差し控えています。

定期予防接種(B類)

高齢者の肺炎球菌感染症
高齢者インフルエンザ 

任意予防接種

高齢者の肺炎球菌感染症


千葉県内定期予防接種相互乗り入れ制度
予防接種を受ける際の注意事項
長期療養に係る定期予防接種について
千葉県こども病院「予防接種センター」のご案内
個別予防接種実施医療機関一覧表 


 予防接種を受けるには、予診票が必要です。出生届提出時に、木更津市役所市民課および富来田出張所で予防接種ガイドをお渡ししています。里帰り出産等で木更津市以外の市町村で出生届を提出された方は、健康推進課で予防接種ガイドをお渡ししていますので、母子健康手帳を持ってお越しください。予防接種ガイドは、予防接種に関する情報と予防接種の予診票つづりになっています。よく読んで大切に保管してください。
 予診票を紛失した時や転入した時は、母子健康手帳を持って健康推進課へお越しください。必要な予診票をお渡しします。
 予防接種は、お子様の住民登録のある市町村で受けることになっていますので、予防接種ガイドをよく読んで自分で予約し、かかりつけの病・医院で計画的に受けましょう。
他の市町村で接種を希望される人は、健康推進課へお問い合わせください。

予防接種を受けるスケジュール等の情報

 ワクチンで予防できる病気が増え、多くのワクチンを限られた乳幼児期に接種する必要があります。
 安全に効率よく接種するためのスケジュールや予防接種・感染症の情報が社団法人日本小児科学会より提供されていますので、参考にしてください。

予防接種・感染症の情報へのリンク(社団法人 日本小児科学会)

 

  Hib(ヒブ)感染症予防接種

ヒブ感染症とは

 ヒブは、ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型による感染症です。ヒブは、鼻やのどについたり消えたりを繰り返している常在菌の一種であり、多くの場合ヒブに対する免疫は5歳頃までに自然に獲得されます。そのため、免疫のない生後3か月から2歳までに多くみられます。
 ヒブ感染症は、髄膜炎、敗血症、肺炎などの全身感染症や中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎などの気道感染症を起こす病気です。
 病気の始まりは風邪などと区別がつきにくく、血液検査でもあまり変化が出ないため、診断が遅くなりがちです。その後に、けいれんや意識障害が出てきます。
 また、髄膜炎による後遺症として、発達・知能・運動障害などの他、難聴(聴力障害)が起こることがあります。
 

接種時期・回数・スケジュール

対象年齢:生後2か月から5歳未満
 ※接種開始時の年齢によって、接種回数が異なります。

接種開始時の年齢

接種回数

接種スケジュール

2か月以上7か月未満 4回

初回接種:27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上あけて3回接種

※標準的な接種間隔:27日から56日

追加接種:初回接種3回目の接種後7か月以上あけて接種

※標準的な接種間隔:初回終了後、7か月以上13か月未満

7か月以上1歳未満 3回

初回接種:27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上あけて2回接種

※標準的な接種間隔:27日から56日

追加接種:初回接種2回目の接種後7か月以上あけて接種

※標準的な接種間隔:初回終了後、7か月以上13か月未満

1歳以上5歳未満 1回

 

*初回接種は1歳未満までに行なうこととし、1歳を超えた場合は行なわない。1歳以降に追加接種を行なう場合は、最後の接種終了後27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上あけて行なう。

 

小児の肺炎球菌感染症予防接種

小児の肺炎球菌感染症とは

 肺炎球菌は、のどなどから体に入ります。大人では肺炎になることが多いのですが、子ども(特に2歳以下)は、脳を包む膜にこの菌がつく細菌性髄膜炎がみられます。この菌による髄膜炎は、年間200人くらい発生しており、重い中耳炎や肺炎、菌血症や敗血症、副鼻腔炎、骨髄炎を起こします。
 細菌性髄膜炎は、死亡率が高く、発症した年齢が小さければ小さいほど予後が悪く、4人に1人は神経麻痺や知能障害などの重篤な後遺症が残る病気です。抗生物質が効きにくい起因菌が増えており、治療が難しいのも問題です。
 

接種時期・回数・スケジュール

対象年齢:生後2か月から5歳未満
 ※接種開始の年齢によって、接種回数が異なります。 

接種開始時の年齢 接種回数 接種スケジュール
2か月以上7か月未満  4回

初回接種:27日以上あけて3回接種。3回目の接種は、1歳までに行なう。

※標準的な接種間隔:1歳までに27日以上の間隔をあけて接種

*2回目の接種が1歳を超えた場合は3回目を行なわず、追加接種を行なう  

*3回目の接種が2歳を超えた場合は3回目を行なわず、追加接種を行なう

追加接種:初回接種の3回目から60日以上あけ、1歳を過ぎたら接種

※標準的な接種間隔:初回終了後、60日以上あけて1歳からから1歳3か月までの間に行なう

7か月以上1歳未満  3回

初回接種:27日以上あけて2回接種。2回目の接種は、1歳までに行なう。

※標準的な接種間隔:1歳までに27日以上の間隔をあけて接種

*2回目の接種が生後2歳を超えた場合は行わず、追加接種を行なう

追加接種:2回目の接種後60日以上の間隔で、1歳以降に1回行なう

1歳以上2歳未満  2回 60日以上の間隔で2回
2歳以上5歳未満  1回  

  

B型肝炎予防接種

平成28年10月1日から、定期接種予防接種になりました。

B型肝炎とは

 B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染によって起こる病気です。感染経路として、ウイルスに感染した家族との濃厚接触やパートナーとの性交渉、ウイルスに汚染された血液の輸血や注射器の使いまわし、ウイルスに感染した母親から生まれたお子さんへの母子感染など主に血液や体液から感染します。 
 B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。
 

対象者

平成28年4月1日以降に生まれた1歳未満の方
 ※ただし、母子感染予防のため健康保険によりB型肝炎予防接種の投与を受けた方は、定期接種の対象にはなりません。
 

接種時期・回数・スケジュール

対象年齢:1歳未満    

標準的接種年齢 接種回数 接種スケジュール

 2か月から9か月になる前まで

 3回

27日以上あけて2回接種。3回目の接種は、1回目から139日(20週)以上あけて接種

 ※平成28年10月以前にB型肝炎ワクチンを任意接種で受けた方は、残りの回数を定期接種として接種します。任意接種で接種したものは、公費の対象になりません。
 

注意事項

・B型肝炎ワクチンは2種類あります。使用しているワクチンは医療機関により異なりますので、主治医にご相談ください。

・ワクチンにより乾燥天然ゴム(ラテックス)が含まれているゴム栓を使用しており、天然ゴムの製品に対する即時型の「ラテックス過敏症」があらわれる場合があります。ラテックス製の手袋使用時にアレルギー反応がみられた場合やラテックスと交叉反応のある食べ物(バナナ、栗、キウイフルーツ、アボガド、メロン等)のアレルギーがある場合は、主治医にご相談ください。 

 

B型肝炎ワクチンの情報へのリンク(厚生労働省)

 

4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ(急性灰白髄炎))予防接種 

ジフテリアとは

 ジフテリアは、ジフテリア菌の飛沫感染(くしゃみやせき等による感染)によって起こる病気です。のどや鼻に感染し、高熱や激しいのどの痛みが主な症状です。のどに白い膜ができ、最悪の場合、その膜によって窒息死に至ります。また、菌を出す毒素によって神経麻痺や心臓の筋肉の障害などの重い後遺症を残します。

百日せきとは

 百日せきの潜伏期は、通常5日から10日(最大3週間程度)であり、かぜ様症状で始まりますが、次第にせきが著しくなり、百日せき特有のせきが出始めます。顔を真っ赤にしてコンコンと激しくせき込み、最後にヒューッと音を立てて大きく息を吸う発作がこの病気の典型です。嘔吐も伴い、眼瞼の浮腫や顔面の点状出血がみられることがあります。幼若乳児や年長児、大人では典型的な症状がみられず、診断が難しいことも少なくありません。
 乳児では重症になり、特に特に新生児がかかると無呼吸となり、致死的になることがあります。肺炎や脳症を合併することがあります。

破傷風とは

 破傷風は土の中にいる菌で、傷口から感染します。目に見えないような小さな傷からも感染します。症状は菌を出す毒素によって口が開かなくなったり(開口障害)、けいれんを起こし、死亡する場合もあります。破傷風は自然感染によって免疫ができる病気ではないため、発生防止には予防接種以外ありません。

ポリオ(急性灰白髄炎)とは

 ポリオは、ポリオウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します。増えたポリオウイルスは、再び便の中に排出され、この便を介してさらに他の人に感染します。大人が感染することもありますが、乳幼児がかかることの多い病気です。
 ポリオウイルスに感染しても多くの場合、病気としての明らかな症状は現れずに、知らない間に免疫ができますが、腸管に入ったウイルスが脊髄の一部に入り込み、主に手や足に麻痺が現れ、その麻痺が一生残ってしまうことがあります。世界では、ポリオウイルスは激減していますが、南アジアやアフリカなどのごく一部の地域では、現在でもポリオが流行しています。
 

接種時期・回数・スケジュール

対象年齢:生後3か月から7歳6か月未満                              

標準的接種年齢 接種回数 接種スケジュール

1期初回は 

3か月以上1歳未満

1期初回:3回

それぞれ20日以上あけて接種 

※標準的な接種間隔:20日から56日

1期追加:1回

初回(3回目)終了後、6か月以上あけて接種 

※標準的な接種間隔:初回終了後、1年以上1年6か月未満

 ※平成24年7月31日以前に生まれた人は、三種混合予防接種の予診票を使用してください。
 ただし、4市(木更津・君津・富津・袖ヶ浦)以外で接種する場合(千葉県内のみ)は、健康推進課に予診票を取りにきてください。
 過去に接種した予防接種の種類や接種間隔には、十分注意しましょう。

  

ポリオ(急性灰白髄炎)予防接種

 平成24年9月1日から、経口生ポリオワクチンの集団接種から不活化ポリオワクチンの個別接種(皮下注射)に切り替わりました。

※4種混合予防接種を開始された方は受ける必要はありません。

接種時期・回数・スケジュール

対象年齢:生後3か月から7歳6か月未満

標準的接種年齢 接種回数 接種スケジュール

1期初回は 

3か月以上1歳未満

1期初回:3回

それぞれ20日以上のあけて接種 

※標準的な接種間隔:20日から56日

1期追加:1回

初回(3回目)終了後、6か月以上あけて接種 

※標準的な接種間隔:初回終了後、1年以上1年6か月未満

詳しくは、不活化ポリオワクチン接種方法等 [130KB pdfファイル]  をご覧ください。

ポリオの情報へのリンク(厚生労働省)

 

BCG予防接種

結核とは

 結核は、菌陽性肺結核患者がせきをした時などに飛散する菌で感染する病気です。わが国の結核はかなり減少しましたが、まだ2万人を超える患者が毎年発生しており、大人から子どもへ感染することも少なくありません。 
 また、結核に対する抵抗力はお母さんからもらうことができませんので、生まれたばかりの赤ちゃんもかかる心配があります。
 乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので、全身の結核症にかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残すことになります。
 BCGを接種することによって、結核性髄膜炎などは80%、肺結核は50%予防することができます。 

接種時期・回数

対象年齢:生後3か月から1歳未満

標準的接種年齢 接種回数
5か月以上8か月未満 1回

 

水痘(みずぼうそう)予防接種について

水痘とは

 水痘は、水痘・帯状疱疹ウイルスの直接感染、飛沫感染あるいは空気感染によって感染します。潜伏期間は通常13日から17日です。特徴的な発疹(赤いブツブツ)が主症状で痒みを伴います。発疹の最初は斑点状丘疹(小さな発疹)、その後3日から4日は水疱(水ぶくれ)へと変化し、白い膿を持った膿疱となります。最後は、顆粒状のかさぶたを残し、まもなくかさぶたは脱落して治癒します。発疹は身体の被覆部分に多い傾向がありますが、頭髪部にも現れます。
 軽度の発熱を伴うこともあります。一般に軽症な疾患ですが脳炎を合併することもあり、免疫不全状態の人は重症化することもあります。

※平成26年10月1日より水痘(みずぼうそう)の予防接種が定期接種になりました。
 

接種時期・回数・スケジュール

対象年齢:1歳以上3歳未満

標準的接種年齢 接種回数 接種スケジュール
1回目は1歳以上1歳3か月未満 2回

3か月以上あけて接種 

※標準的な接種間隔:1回目終了後、6か月以上1年未満

  

麻しん風しん混合(MR)予防接種

麻しんとは

 麻しん(はしか)に感染した人のせきやくしゃみによって感染します。感染力が極めて強いウイルスで、免疫を持っていない人が感染するとほぼ必ず発症する重い病気です。発熱、せき、鼻水、目やに、発疹が主な症状です。最初の3日から4日間は38℃前後の熱で、一時的に解熱しますが、再び39℃から40℃の高熱と発疹が出てきます。高熱は3日から4日間で下がり、しだいに発疹も消えますが、しばらく色素沈着が残ります。ときに、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎などの合併症を併発し、重症になります。

風しんとは

  風しんは感染者のせきやくしゃみによって感染します。軽い風邪の症状から始まり、発疹、高熱、首のリンパ節の腫れが主な症状です。発疹、高熱ともに3日でおさまることから「3日はしか」とも呼ばれています。しかし、年長児や大人になってからかかると重症になることが多く、また妊婦や妊娠初期に風しんにかかると、難聴、心疾患、白内障、発達障害等の病気(先天性風しん症候群)にかかって生まれてくることがあります。
 

 接種時期・回数

対象年齢:第1期 1歳以上2歳未満
     第2期 5歳以上7歳未満で小学校入学前の1年間(年度内に6歳になる方)

標準的接種年齢 接種回数
1期:1歳以上2歳未満 1回
2期:5歳以上7歳未満で小学校入学前の1年間 1回

  

日本脳炎予防接種

日本脳炎とは

 日本脳炎は、日本脳炎ウイルスの感染で起こります。ヒトからヒトへの感染はなく、豚などの動物の体内で増えたウイルスが蚊によって媒介されて感染します。ウイルスを持つ蚊に刺された後も症状なく経過する場合がほとんどですが、症状が出るものは6日から16日間の潜伏期間のあと、数日間の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、急激に光への過敏症、意識障害、けいれん、神経系障害(脳の障害)が生じます。
 

 接種時期・回数・スケジュール

対象年齢:1期 生後6か月から7歳6か月未満
     2期 9歳以上13歳未満

標準的接種年齢 接種回数 接種スケジュール
1期初回:3歳以上4歳未満 2回 6日以上あけて接種
※標準的接種間隔:6日から28日
1期追加:4歳以上5歳未満 1回

初回(3回目)終了後、6か月以上あけて接種 

※標準的接種間隔:初回終了後、おおむね1年

2期:9歳以上10歳未満 1回  

 ※2期は、9歳になられた方から順次、個別通知をします。
 

特例措置

 平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方は20歳になるまでの間に、平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方は9歳から13歳までの間に、第1期不足分・第2期未接種分を無料で接種することができます。
 接種する時は協力医療機関に予約し、予診票・母子健康手帳を持参して受けましょう。

※第1期が未接種の方は、先に1期を接種してから2期の接種をしてください。 

※予診票は1期用と2期用の2種類あり、予防接種ガイドにある予診票は使用できません。予診票の無い方は、母子健康手帳をお持ちになり、健康推進課へお越しください。

 

ジフテリア・破傷風2期予防接種

接種時期・回数

対象年齢:11歳以上13歳未満

標準的接種年齢 接種回数
11歳以上12歳未満 1回

 ※毎年4月、小学校6年生になられた方に個人通知しますので、該当年度内の3月31日までに早めに接種をしてください。

 

 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)予防接種

現在、定期予防接種自体は中止ではありませんが、積極的勧奨を一時的に差し控えています。

 平成25年6月14日付けの厚生労働省からの通知を踏まえ、ワクチン接種と副反応について適切な情報提供ができるようになるまで、ワクチン接種の積極的な勧奨は差し控えています。
 ただし、予防接種自体を中止するものではありませんので、接種を希望する場合は、ワクチンの有効性と副反応のリスクなどを十分に理解した上で、予防接種を受けることは可能です。

子宮頸がんとは

 子宮頸がんは、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で起こる病気です。子宮頸がん予防ワクチンは、日本人の子宮頸がん患者に多いHPV16型・18型の2つのウイルスに対応したもので、子宮頸がんの6割から7割を防ぐことができると考えられています。
 ただし、感染したHPVを排除することはできませんし、その他の発がん性HPVの感染は予防できません。 
 

接種時期・回数・スケジュール

対象年齢:12歳になる年度初日から16歳になる年度末日までの女子 
     (小学校6年生から高校1年生相当)

 ※平成25年度から、高校2年生は対象になりませんのでご注意ください。

標準的接種年齢 ワクチンの種類 接種回数 スケジュール
13歳になる年度初日から末日(中学1年) 2価ワクチン 3回

1か月以上あけて2回接種。1回目から5か月以上かつ2回目から2か月半以上あけて1回接種

※標準的な接種間隔:1か月あけて2回、1回目から6か月以上あけて1回

4価ワクチン 3回

1か月以上あけて2回接種。2回目から3か月以上あけて1回接種 

※標準的な接種間隔:2か月あけて2回、1回目から6か月以上あけて1回

 

注意事項

◎ワクチン接種時の注意
 接種を受けるときには、原則保護者の同伴が必要となります。予診票は医療機関に置いてあります。ワクチンの効果、接種後の副反応や接種後の注意などを理解した上で接種を受けてください。

◎ワクチン接種後の注意
 接種後に、接種部位が腫れたり痛むことがあります。
 また、接種後に失神など副反応が現れることがありますので、接種後30分は、接種した医療機関で安静にしていてください。接種当日は激しい運動は避け、接種部位に異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。
 ※20歳以上の女性に対して子宮がん検診を実施しています。10代でワクチンを接種しても、20歳を過ぎたら定期的な子宮がん検診を受けましょう。
なお、10代の人は体調で気になることがありましたら医療機関にご相談ください。

 

高齢者の肺炎球菌感染症

高齢者の肺炎球菌ワクチンは、高齢者の肺炎のおよそ半数を占めている、肺炎球菌によって引き起こされる病気を予防するためのワクチンです。

定期予防接種

予防接種法の改正により平成26年10月1日から、対象となる人に接種費用の一部助成を開始しました。

対象者 過去に高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種を受けていない(1)または(2)または(3)に該当する人。
    (1)65歳の人
    (2)心臓・腎臓・呼吸機能およびヒト免疫不全ウイルスによる免疫により日常生活が極度に制限される機能障害がある60歳から64歳までの人(障害者手帳1級の写しを提出した人)。
    ※東日本大震災の被災者で、(1)または(2)に該当する人は、対象となりますので健康推進課までご連絡ください。
    (3)経過処置として65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の人。
    ※対象となる生年月日はこちらから確認ください。 ⇒ 対象者一覧 [46KB pdfファイル]  

自己負担金 5,400円(1人1回に限りワクチン代8,400円のうち、3,000円を市が助成します。)
※1 生活保護世帯の人は、事前に社会福祉課で「生活保護受給証明書」の発行を受け、接種の際に医療機関へ提出してください。⇒その場合のみ無料となります。
※2 東日本大震災や原発で被災を受け、当市に避難されている人は予診票を交付しますので、被災証明書を持って健康推進課にお越しください。⇒無料となります。

申込方法 保険証など、住所・氏名・年齢が確認できるものを持参して、直接医療機関に申し込みください。

 

任意予防接種

本市では、平成25年4月1日から、対象となる人に接種費用の一部助成を開始しました。

対象者 過去に高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種を受けていない(1)または(2)に該当する人。
    (1)75歳以上の定期予防接種の対象とならない人。
    (2)心臓・腎臓・呼吸機能およびヒト免疫不全ウイルスによる免疫により日常生活が極度に制限される機能障害がある65歳から74歳までの人(障害者手帳1級の写しを提出した人)。
    ※東日本大震災の被災者で、(1)または(2)に該当する人は、対象となりますので健康推進課までご連絡ください。

実施期間 平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

自己負担金 接種する医療機関によって支払う金額が異なります。
      1人1回に限り3,000円を市が助成しますので、窓口で支払う金額については、事前に医療機関にお問い合わせください。
※1 生活保護世帯の人は、事前に社会福祉課で「生活保護受給証明書」の発行を受け、接種の際に医療機関へ提出してください。⇒その場合のみ無料となります。
※2 東日本大震災や原発で被災を受け、当市に避難されている人は予診票を交付しますので、被災証明書を持って健康推進課にお越しください。⇒無料となります。

申込方法 保険証など、住所・氏名・年齢が確認できるものを持参して、直接医療機関に申し込みください。

 

高齢者(65歳以上)インフルエンザ

期間

平成29年10月1日から平成30年1月31日まで(休診日を除く)

※インフルエンザワクチンの製造・出荷に遅れが生じているため、今年度に限り期間を延長いたします。
※予診票に記載の有効期間は、H29.12/31となっていますが、上記期間まで使用できます。

対象者

(1)木更津市に住所を有する65歳以上の人(接種日に満65歳に達していること)
(2)心臓・腎臓・呼吸機能およびヒト免疫不全ウイルスによる免疫により日常生活が
  極度に制限される機能障害がある60歳から64歳までの人(障害者手帳1級の写しを提出した人)

自己負担

1,000円
※生活保護世帯・東日本大震災や原発の被災者の人は無料。

接種回数及び方法

接種回数 1回
直接、協力医療機関に申し込みをして、接種してください。
 

千葉県内定期予防接種相互乗り入れ制度

定期予防接種は、通常、住所地の市町村で受けますが、住所地以外の千葉県内市町村でも予防接種を受けることが出来る制度です。

対象者

病気などでかかりつけ医が4市(木更津・君津・富津・袖ヶ浦)以外にある人や里帰り出産などで、4市協力医療機関で予防接種を受けることが困難な人

対象予防接種

Hib(ヒブ)感染症、小児の肺炎球菌感染症、B型肝炎、4種混合、不活化ポリオ、BCG、水痘、麻しん風しん混合(MR)、日本脳炎、ジフテリア破傷風2期、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)、高齢者インフルエンザ(満65歳以上の人)、高齢者の肺炎球菌感染症(定期予防接種)

自己負担

なし
※高齢者インフルエンザ(満65歳以上の人)、高齢者の肺炎球菌感染症(定期予防接種)は一部自己負担をいただきます。

接種できる医療機関

千葉県内相互乗り入れ接種協力医療機関

持参するもの

母子健康手帳(高齢者インフルエンザ予防接種は除く)、予防接種予診票(木更津市発行)、保険証

予診票について

 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)、高齢者インフルエンザの予防接種を4市(木更津・君津・富津・袖ヶ浦)以外で接種する場合(千葉県内のみ)は、健康推進課に予診票を取りにきてください。

※詳しくは、健康推進課へお問い合わせください。
 

予防接種を受ける際の注意事項

他の予防接種との間隔

・生ワクチン(BCG・水痘・麻しん風しん混合・麻しん・風しん等)は、他の予防接種と27日以上あける。
・不活化ワクチン(Hib(ヒブ)感染症・小児の肺炎球菌感染症・B型肝炎・4種混合・不活化ポリオ・日本脳炎・ジフテリア破傷風2期・ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)・高齢者インフルエンザ等)は、他の予防接種と6日以上あける。

予防接種を受ける前に

  1. 予診票を記入し、母子健康手帳は持ちましたか 
  2. 熱は測ってありますか(予診票の裏の体温表に記入)
  3. お子様の体調はよいですか
  4. 今日受ける予防接種について理解していますか

予防接種を受けたあとは

  1. 健康状態に注意しましょう。(接種後から生ワクチンの場合は2週間から3週間、不活化ワクチンの場合は24時間は副反応の出現に注意しましょう)
  2. 予防接種後、まれに副反応の起こることがあります。また、予防接種と同時に他の感染症がたまたま重なって発症することがあります。高熱、ひきつけなどの症状があったら、速やかに医師の診察を受け、その後に健康推進課へご連絡ください。

 

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等より、定期予防接種が受けられなかった方について

予防接種法に基づく定期予防接種については、接種対象年齢が定められていますが、「定期予防接種の対象であった期間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により、やむを得ずその予防接種を受けることが出来なかったと認められる人」は接種が受けられるようになった後、速やかに接種を受ける場合は、定められた接種対象年齢を超えていても定期予防接種を受けることができます。
詳しくは、健康推進課までお問い合わせください。 

対象者

  • 厚生労働省令で定める疾病にかかった人
  • 臓器移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けた人
  • 医学的知見に基づき上記に準ずると認められた人

 別表 [152KB pdfファイル] 

 

千葉県こども病院「予防接種センター」のご案内

「予防接種センター」(予防接種要注意者相談窓口)のご案内

内容

予防接種に関する疑問、心配、不安について、千葉県こども病院で電話相談を行っています。
費用

無料

電話番号 043-292-2111(千葉県こども病院)
実施日時

月・火・木・金曜日(年末年始・祝日を除く。)

午前9時から午後3時

 

「予防接種センター」(予防接種要注意者予防接種)のご案内 

内容 心臓疾患などの基礎疾患のある方やアレルギー体質などで、予防接種が受けられずにいる方は、千葉県こども病院の予防接種センターで定期接種を受けることができます。
費用 対象年齢内は無料(公費接種)
予防接種の種類

Hib(ヒブ)感染症、小児の肺炎球菌感染症、B型肝炎、4種混合、ポリオ、BCG、水痘(みずぼうそう)、麻しん風しん混合、麻しん、風しん、日本脳炎、ジフテリア・破傷風、子宮頸がん予防ワクチン

対象者

・心臓血管系疾患等の基礎疾患がある方

・全身性発疹等のアレルギー症状を呈したことがある方等

申請方法 木更津市健康推進課にお問い合わせください。

   

木更津市予防接種協力医療機関一覧表

平成29年度 実施医療機関一覧表(乳幼児) [185KB pdfファイル] 
平成29年度 実施医療機関一覧表(小中高) [213KB pdfファイル] 
平成29年度 実施医療機関一覧表(高齢者) [118KB pdfファイル] 

上記一覧表をご覧ください。

アドビリーダーのダウンロード 

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。