自立支援医療(育成医療)

 18才未満の人で身体に障がいがある、または治療をしないと将来障がいを残す可能性があると認められ、手術などにより確実な治療効果が期待できる場合医療費の一部を援助します。

対象者

  • 18才未満で肢体不自由のある人
  • 音声・言語機能障害のある人
  • 視聴覚障害のある人
  • 心臓障害(手術を伴う場合)のある人
  • じん臓障害のある人
  • 先天性内臓障害(手術を伴う場合)のある人 

手続き

 印鑑、育成医療意見書、健康保険証(治療を受ける人および扶養者)、マイナンバーカード(または通知カードと本人確認書類)などが必要です。

ひとこと

 心臓の手術やじん臓移植、整形手術などが対象となります。治療内容が対象になるか病院や障害福祉課へお問い合わせください。扶養者の所得に応じた自己負担や所得制限があります。子ども医療よりも優先されます。

 手術前に申請が必要ですので、手術予定のある人は病院にてご相談ください。

 

自立支援医療(更生医療)

身体の障害を取り除いたり軽くする治療を受ける場合、医療費の一部を援助します。

対象者

18才以上の身体障害手帳を所持している人 

手続き

印鑑、身体障害者手帳、保険証、マイナンバーカード(または通知カードと本人確認書類)などが必要です。ただし心臓、じん臓、免疫の障害については身体障害者手帳と同時に申請できる場合があります。

ひとこと

 心臓の手術やじん臓移植、人工透析などが対象です。治療内容が対象になるか病院や障がい福祉課へお問い合わせください。本人と家族の所得に応じた自己負担金や所得制限があります。必ず手術前に申請が必要ですので、手術予定のある人は病院にてご相談ください。

 

自立支援医療(精神通院)

 精神疾患の治療のための通院医療費を助成します。(患者負担が1割になります)

対象者

 精神障がいのために病院、診療所へ通院している人。

手続き

 印鑑、診断書、健康保険証(写しでも可)、マイナンバーカード(または通知カードと本人確認書類)等が必要です。

ひとこと

 詳しい内容については、障がい福祉課までご相談ください。所得に応じてひと月あたりの限度額が設定されます。 

 

重度心身障害者医療費助成

重度障害のある人が病院などで診療を受ける際、保険診療の範囲内で医療費を助成します。

平成27年8月1日から、制度内容が一部変更になりました。

対象者

  • 身体障害者手帳1・2級または療育手帳Aの2以上をお持ちの人
  • 身体障害者手帳3級と療育手帳Bの1を重複してお持ちの人
  • 上記の手帳を65歳までに取得した人(平成27年8月1日以前に取得した65歳以上の人は対象です)
  • 子ども医療費の助成を受けていない人

手続き

 手帳を取得した時に、障がい福祉課よりお知らせします。手続き終了後、市から送付される『重度心身障害者医療費受給券』と健康保険証を医療機関の窓口に提示することで、受給券に記載された自己負担金で受診することができます。

(受給券を使用しなかった場合は、後日障がい福祉課に申請することで還付を受けることができます。)

ひとこと

 手帳の交付された日から、転入者は転入した日から受けられます。健康保険が適用されないものや介護保険は対象外ですのでご注意ください。所得制限があります。

 

<参照:千葉県ホームページ/重度心身障害者(児)医療給付改善事業の改正について>

 

 

精神障害者医療費助成

 精神の障がいのある人の医療費(保険内診療分)を助成します。

 平成31年4月1日から、制度内容が一部変更になります。

 制度改正の内容について

対象者

 健康保険の被保険者が木更津市に1年以上在住し、精神障害のために病院、診療所で治療を受けている人。

手続き

 新規申請の人は、印鑑、保険証の写し、医療機関の証明が必要です。まずは障がい福祉課へお問い合わせください。認定手続き後、病院などにかかった際の領収書を障がい福祉課へ提出すると、後日振込みにより医療費が返還されます。

ひとこと

 対象となるのは、精神疾患での受診分です。認定月の前月分の医療費から助成対象となります。自立支援医療(精神通院)との併用が可能です。精神障害者保健福祉手帳を持っていなくても利用することができます。所得制限があります。