木更津市空家等対策計画

 近年、人口減少や少子高齢化、既存の住宅などの老朽化や社会ニーズ等の変化に伴い、居住その他の使用がなされていない住宅などが増加しています。このような住宅のなかには、適切な管理が行われず、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしている空家等があり、今後もこのような空家等の増加が社会問題となることが懸念されています。
 このため、「空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年法律第127号)」が平成27年5月に全面施行されたことを契機に、空家等に関する対策を総合的かつ計画的に実施するため、空家等対策の基本的な方針や施策を示した「木更津市空家等対策計画」を平成29年11月に策定しました。

木更津市空家等対策計画 [1210KB pdfファイル] 

 

 なお、本計画は、空家等対策の推進に関する特別措置法第7条の規定に基づき、平成29年4月に設置した「木更津市空家等対策協議会」において協議し策定しました。

木更津市空家等対策協議会については、こちら