人口減少やマイカーの普及による車社会の進展などにより、公共交通の利用者は年々減少しています。利用者の減少は、公共交通を運行している事業者の経営状況を圧迫し、運行本数の削減や路線の廃止をせざるを得なくなり、さらに利用者を減少させることになるなど、公共交通の維持が難しくなります。その一方で、超高齢社会の到来により、運転免許証を返納する高齢者等は増加が見込まれ、公共交通の重要度は今後益々高まっていくことが考えられます。

 公共交通は、わたしたちの移動に必要な手段の確保はもちろんのこと、まちづくりや観光等の様々な分野において重要な役割を担っています。公共交通がいつまでも身近に在り続けるため、また、わたしたちのまちが住みやすく活力に満ちたものとなるため、公共交通の必要性や役割について、市民ニーズなどを基に見直さなければなりません。

 こうした状況を踏まえ、本市では、バス事業者・地域住民・関係団体との合意形成を図りながら、行政が積極的に地域公共交通網を再構築するという新たな枠組みを構築するために、平成22年(2010年)3月に策定した「木更津市地域公共交通(路線バス)に関する基本方針」を平成29年(2017年)3月に全面的に改正したことに加えて、今後公共交通施策を展開していく上では、多種多様な公共交通機関の円滑な結節・連携などが重要となってくることから、路線バスや高速バス、鉄道、タクシーなど、すべての公共交通機関を網羅した「木更津市地域公共交通網形成計画」を策定することとしました。

 今後は本計画に沿って、「地域と共に進めていく、利用者のニーズに応えたわかりやすく使いやすい公共交通体系の構築」に取り組んでまいります。

計画書

木更津市地域公共交通網形成計画.pdf [10699KB pdfファイル] 

木更津市地域公共交通網形成計画(概要版).pdf [2321KB pdfファイル] 

 

計画の区域

 計画区域は、木更津市全域とし、市民の生活圏及び東京都心等との広域アクセスに配慮します。なお、県内周辺及び県外の自治体等との連携にあたっては、個別に協議調整を図るものとします。 

 

計画の期間

  計画期間は、平成30年度2018年度)から平成34年度2022年度)までの5年間とします。(次期木更津市基本計画の計画期間と合わせ、平成34年度(2022年度)までとします。)

 

計画の基本的な考え方

基本理念「地域と共に進めていく、利用者のニーズに応えた、わかりやすく使いやすい公共交通体系の構築」 

基本方針1.地域特性に応じた公共交通ネットワークの構築

基本方針2.高速バスネットワークの利便性向上

基本方針3.誰もが利用しやすい公共交通サービスの構築

基本方針4.わかりやすい情報提供と市民や企業等の意識の醸成

基本方針5.協働の仕組みづくり