圏央道の木更津東ICから東金JCT間が開通しました

 

圏央道とは

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)は、首都中心部から半径およそ40から60kmの位置に計画されている延長約300kmの高規格幹線道路です。圏央道は東京湾アクアラインと一体となって東日本と西日本を結ぶ大動脈となるとともに、東関道、常磐道をはじめ東北道、関越、中央道、東名高速等の主要幹線道路と接続し、首都圏の広域ネットワークを形成します。
また、圏央道が完成すると、東京湾アクアラインの着岸地である木更津市をはじめ、茂原、東金、成田、つくば研究学園都市、川越、青梅、八王子、厚木、横浜などの中核都市が結ばれ、進められているビックプロジェクトを促進し、千葉県ならびに首都圏の調和のとれた発展に大きな役割を果たします。

圏央道開通区間 

木更津市としては

圏央道の整備により、人や物の流れが活発になり、産業集積など地域振興が図られ、本市の地域ポテンシャルも益々高まり、市内への企業立地や優良住宅地への定住化が更に進展するものと大いに期待されます。

また、東京湾アクアラインの果たす役割も益々重要となり、相乗的な効果も期待されます。

木更津東ICから東金JCT間

 開通日 平成25年4月27日(土)

国土交通省関東地方整備局と東日本高速道路株式会社が共同で事業を進めている国道468号首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の木更津東ICから東金JCT間(延長約42.9km)が開通いたしましたので、お知らせします。

また、今回の開通に合わせて、現在営業中の千葉東金道路の一部区間(東金ICから松尾横芝IC間)の道路名称が平成25年4月27日から首都圏中央連絡自動車道(圏央道)に変更されました。

木更津から茂原間

木更津市(東関道館山線)から茂原市に至る延長約28.4kmの区間で、平成7年に都市計画決定され、平成12年度から用地買収及び工事を推進しており、木更津東ICから木更津JCT間(延長約7.1km)は平成19年3月21日に開通しました。

圏央道ちば館(千葉国道事務所)

国土交通省関東地方整備局