不法投棄

 

 不法投棄は環境の悪化、汚染及び財産の侵害等が懸念され、対策としては、監視の強化による未然防止と早期発見・早期対策が効果的であるといわれており、本市では随時パトロールの実施や不法投棄監視員制度による情報提供により、早期発見に努めています。
 また、不法投棄防止及び不法投棄物の撤去指導を目的に、市内に不法投棄監視カメラを設置しています。

現在の設置場所

  • 烏田地区  林道鎌倉1号線
  • 請西地区  市道7861号線 
  • 上烏田地区 市道130号線
  • 中島地区  新町船溜(2箇所) 
  • 伊豆島地区 市道6432号線
  • 真里谷地区 林道音信山線

不法投棄対策のお願い

 私有地内に不法投棄が発生し、行為者の手がかりとなりそうな物が不法投棄物の中から発見された場合は、直接、警察署に連絡し、警察に対応をお願いしてください。道路等公共の場所に不法投棄されている場合、または私有地であるが所有者等が不明な場合等は市に連絡していただきますようお願いいたします。
 行為者が判明した場合、その行為者に撤去責任がありますが、行為者不明の場合は、土地の所有者・管理者が撤去する責任を負います。
 そのため、ご自分の土地に不法投棄されないための自衛策を講じるよう、お願いいたします。

・ 遊休地は定期的に見回り、雑草が繁茂しないよう管理してください。
・ 柵を設けたり、看板を立てるなど予防をお願いします。
 

不法投棄は犯罪です!

 廃棄物を不法投棄すると「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第25条第1項第14号」の規定により、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金に処し、または併科されます。(法人の場合は3億円まで加重)

不法投棄防止用資材の支給

 不法投棄でお困りの方に対し、状況により、不法投棄防止対策として、看板、木杭及び番線の支給を行っています。必要な方は、まち美化推進課までご連絡ください。
 なお、配布数に限りがある場合又は配布できない場合がございますのでご了承ください。