交通事故などによるケガの治療に保険証を使いたいとき(第三者行為)

交通事故など第三者から傷害を受けた場合の医療費は、被害者の過失割合部分を除き、加害者が負担することになっています。
疾病や負傷などの原因が、交通事故など第三者から受けた行為による場合には、国民健康保険で保険診療は受けられますが、保険年金課への届出が必要となります。この届出を「第三者行為による傷病届」といいます。
この場合の医療費は、国民健康保険が一時立て替えて支払いますが、あとでその分を加害者に請求することになります。
この届出前に加害者と示談を結びますと、示談の内容が優先し、国民健康保険扱いをすることができなくなる場合があります。示談を結ぶ前に必ず保険年金課へ届出をしてください。

 

申請に必要なもの

  • 被保険者の国民健康保険証
  • 被保険者の個人番号カード又は通知カード等
  •  被保険者の身分証明書(運転免許証等)
    ※個人番号カードをお持ちの場合は必要ありません。
  • 印鑑
  • 交通事故証明書(後日提出でも構いません。)
    ※届出によっては、他にも書類を提出していただく場合があります。
     
    ※ケガをした方の世帯の世帯主と同一世帯以外の代理の手続きする場合は委任状(様式例はこちら)及び代理の方の顔写真付の身分証明書も必要となります。

 

申請先

保険年金課でのみ受付をしています。