国民健康保険とは

国民健康保険とは加入者(被保険者)の所得に応じて保険税を出し合い、病気やケガのときに経済的負担を軽くして医療を受けられるように設けられた制度です。加入者の皆さんからの保険税と国県市からの補助などで運営しています。
会社などの健康保険に加入している人、生活保護を受けている人以外の人は国民健康保険に加入しなければなりません。

国民健康保険の手続きに必要なものは

 

病院での医療費が高額になったら

高額療養費

1ヶ月に払った医療費が一定の額を超えたとき、超えた分のお金が戻ってくる制度です。

詳しくはこちら

 

入院時の食事代を安くするには

標準負担額減額認定

市民税非課税世帯の方が対象の入院時の食事代が安くなる制度です。
※70歳以上の高齢受給者の方(老人保健該当者は除く)は、高額療養費の限度額も安くなります。

詳しくはこちら

 

保険証を持たずにかかったときやコルセットなどを作成したときは

療養費

やむを得ない理由で全額負担をされた場合、必要書類を添えて申請いただくと、医療費の一部が戻ってくる場合があります。

詳しくはこちら

 

海外渡航中に病院にかかったときは

海外療養費

国民健康保険加入者が海外渡航中の医療費は、必要書類をそえて申請いただくと一部支給されます。

詳しくはこちら

 

出産したときは

出産育児一時金

国民健康保険加入者が出産した場合は、世帯主に出産育児一時金が支給されます。

詳しくはこちら

 

加入者が亡くなったときは

葬祭費

国民健康保険加入者が亡くなったときは、葬祭執行者に葬祭費が支給されます。

詳しくはこちら

 

短期人間ドックの助成

人間ドックを受検される前に申請をいただくと検査費用の一部を助成します。
 

詳しくはこちら

 

交通事故やけんかによるけがなどの治療に保険証を使いたいとき

第三者行為

交通事故やけんかによるけがなどの治療には保険証が使えません。保険証を使用したいときは保険年金課に届け出が必要です。

詳しくはこちら

 

70歳以上の人の自己負担は?

詳しくはこちら

 

特定疾病の自己負担額の軽減について

医師の同意があれば特定の病気については定額で治療が受けられます。

詳しくはこちら

 

退職者医療制度ってなに?

詳しくはこちら

 

特定健康診査・特定保健指導について

詳しくはこちら

 

 

国民健康保険の視覚障がい者用点字シールについて

詳しくはこちら

 

国民健康保険一部負担金の減額等について

詳しくはこちら