国民年金は

20歳以上60歳未満の、日本に住所のある全ての人に加入することが義務づけられています。

 

国民年金の種別は

国民年金は、保険料の納付方法等により下表の3種類に区分されます。

第1号被保険者

対象

自営業・農業・学生・フリーターの方など

保険料

月額16,490円(平成29年度)の保険料を納付書で納めます。(口座振替なども可能)

第2号被保険者

対象

会社員・公務員(厚生年金や共済組合に加入の方)

保険料

厚生年金保険料(共済組合の掛金)として給料から天引きされます。

第3号被保険者

対象

第2号被保険者に扶養されている配偶者(例:サラリーマンの妻など)

保険料

自ら納付する必要はありません。配偶者の加入する厚生年金保険などから、拠出金として負担します。

国民年金の届出
20歳になったら国民年金
国民年金保険料の納付と免除制度について

 

任意加入制度

国民年金には、希望により加入できる任意加入制度があります。
任意加入ができる方は次のとおりです。

  • 海外に住んでいる20歳以上60歳未満の方
  • 年金を受けるために必要な資格期間を満たしていない60歳以上65歳未満の方(昭和40年4月1日以前に生まれた方で、受給資格期間を満たしていない方は、70歳まで納付することができます。ただし、受給資格期間を満たすまでです。)
  • 過去に未納期間などがあり、満額の老齢基礎年金を受けられない60歳以上65歳未満の方(厚生年金に加入しているときは、加入できません。)

詳しくは、保険年金課年金担当までお問合せください。

 

受給できる年金

国民年金の給付には、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金と、第1号被保険者独自の給付として付加年金、寡婦年金、死亡一時金などがあります。

国民年金受給の手続き

 

国民年金Q&A

国民年金に関する疑問は日本年金機構のホームページに掲載されている年金Q&Aをご覧下さい。

リンク

日本年金機構

木更津年金事務所