20歳になると成人として多くの権利が認められますが、同時に義務も課せられます。その一つが国民年金に加入することです。

 

加入の方法

誕生月に日本年金機構から加入の案内が送られますので、保険年金課で加入の手続きをしてください。手続きが終わりますと後日、日本年金機構から年金手帳が送られます。(既にお持ちの方には送られません。)本人が加入の手続きをしないと、国が職権により手続きを行ないます。
なお、既に厚生年金、共済組合に加入している方はあらためて、手続きを行う必要はありません。
また、厚生年金、共済組合に加入している人に扶養されている配偶者の方は、20歳になったら配偶者の勤務先で第3号被保険者の手続きを行ってください。なお、第3号被保険者の方は保険料を納める必要はありません。

国民年金の種類

種別 第1号被保険者 第2号被保険者 第3号被保険者
職業など 自営業・農業・学生・フリーターの方など 会社員・公務員
(厚生年金や共済組合に加入の方)
第2号被保険者に扶養されている配偶者
(例サラリーマンの妻(夫)など)
納付方法 個人で納付します 給料から天引きされます 納める必要はありません


 

保険料の納付方法

日本年金機構から納付書が送られますので、お近くの金融機関や郵便局、コンビニエンスストアで納めてください。
保険料の納付は、納め忘れのない口座振替が便利です。口座をお持ちの金融機関などで手続きができます。

 学生のため納付を猶予したい場合や納付が困難な場合