木更津市公共下水道事業の概要

木更津市の公共下水道は、昭和48年9月にJR内房線の木更津駅西側の旧市街地131ha(東京ドーム約28個分)を予定処理区域とする事業認可を受け、建設に着手しました。その後、昭和60年3月に木更津駅西側の一部地域を供用開始し、平成28年度末で、1,903haの整備が完了しています。
公共下水道が整備され公共マスに接続しますと、今まで側溝に流れていた雑排水、浄化槽で処理された排水等が下水道に流れ、悪臭やハエ、蚊の発生防止、海や川の水質保全等の環境対策として、快適な生活がおくれます。

下水道のしくみ

施設見学のお問い合わせは、下水道推進課 施設担当 0438-37-9504