市たばこ税

市たばこ税は、日本たばこ産業株式会社、特定販売業者及び卸売販売業者が、市内の小売販売業者に売り渡したたばこに対してかかる税金です。

納税義務者

  • 日本たばこ産業株式会社、 特定販売業者(輸入業者)、 卸売販売業者

※ たばこの小売価格のうちには、すでに市たばこ税が含まれていますので、実際に税金を負担しているのはたばこを買った方です。

税率

売り渡し本数1,000本につき5,262円
※ ただし、旧3級品「わかば、エコー、バイオレット、しんせい、うるま、ゴールデンバット」の税率は、1,000本につき3,355円です。

申告と納税

日本たばこ産業株式会社などは、毎月1日から末日までの間に売り渡したたばこに対して、算出した税額を翌月末日までに申告して納めることになっています。

たばこは市内で買いましょう!

市たばこ税は卸売販売業者などからたばこを買い取った販売店の所在する市区町村に納めることになっています。たばこを買うなら市内の店でお買い求めください。

たばこにかかる税金

たばこには、市たばこ税のほか、国税や県税も課税されています。

 

入湯税

入湯税は、環境衛生施設、観光施設及び消防施設などの整備と充実の費用に充てるために課税される目的税であり、鉱泉浴場における入浴に対し課税されます。(ただし、12才未満の方や、修学旅行への参加者・引率者には課税されません。)

税額(率)は、入湯客1人につき、(1)一泊150円、(2)日帰り50円です。

鉱泉浴場の経営者が入湯客から料金と一緒に徴収して、翌月の15日までに申告し納めることとなっています。

 

特別土地保有税

特別土地保有税は、土地の投機的取引の抑制と有効利用の促進を目的とする政策税制として、昭和48年に創設されましたが、現下の経済情勢等にかんがみ、平成15年度以降、新たな課税は停止されています。

  平成14年度以前 平成15年度以降


課税対象 昭和44年1月1日以降に取得した土地 課税停止
税率 1.4%
基準面積 1月1日現在所有する土地の合計面積が5,000平方メートル以上


課税対象 7月1日または1月1日前1年以内に取得した土地 課税停止
税率 3%
基準面積 7月1日または1月1日前1年以内に取得した土地の合計面積が5,000平方メートル以上

現在徴収猶予中の土地について
非課税土地、特例譲渡または免除土地予定地として現在徴収猶予中の土地については、平成15年度の新たな課税の停止に伴い納税義務が免除されるものではありません。免除を受けるためには、徴収猶予期間内に非課税土地等の確認が必要となります。