ページの先頭です 本文へスキップ

音声読み上げ

文字サイズ
標準
拡大
  • English
  • 中文
  • 한국어

ホーム千葉県木更津市公式ホームページ

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

選挙制度

投票日当日、投票に行けない場合

※期日前投票制度
投票日に仕事や行楽などで投票所に行けない方のために期日前投票制度があります。選挙は選挙期日に投票所において投票することを原則としていますが、期日前でも選挙期日と同じように投票ができる制度です。
(ただし、各選挙の告示日以降に満18歳の誕生日を迎える方で誕生日より前の日に投票に来られた方は不在者投票となります。)

投票期間

公示日又は告示日の翌日から投票日の前日まで(土日、祝日含む)

投票場所及び時間

木更津市役所朝日庁舎

午前8時30分から午後8時まで

富来田公民館応接室

午前8時30分から午後5時まで

投票手続

宣誓書の提出後、当日と同じように投票していただきます。
※事前に郵送します、投票所入場券をご持参ください。
※投票所入場券裏面に宣誓書を印刷しましたのでご記入のうえ、ご来場ください。 

 

指定病院、老人ホーム等の指定施設での不在者投票

指定病院、老人ホーム等の施設に入院・入所されている方の為に不在者投票制度があります。

投票期間

公示日又は告示日の翌日から投票日の前日まで

投票場所

各施設となります。

投票手続

施設の長(不在者投票管理者)に投票用紙を請求します。
施設の長より選挙人の住まいの市区町村選挙管理委員会へ投票用紙の請求があります。(自ら請求することもできます。)
選挙管理委員会から投票用紙が送られてきますので、施設の長の管理のもと投票します。
施設の長が投票済みの投票用紙を各選挙管理委員会へ送付します。

 

郵便等による不在者投票

下記の方は郵便等による不在者投票ができます。

  1. 身体障がい者手帳の交付を受けていて、両下肢・体幹・移動機能の障がい1級若しくは2級又は心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障がい1級若しくは3級
  2. 戦傷病者手帳の交付を受けていて、両下肢・体幹の障がいが特別項症から第2項症又は心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓の障がいが特別項症から第3項症
  3. 介護保険法上の要介護者で、被保険者証の要介護状態区分が要介護5である方
  4. 身体障がい者手帳の交付を受けていて、免疫・肝臓の障がい1級から3級である方

※郵便等による不在者投票を行うには、必ず「郵便等投票証明書」が必要となります。

次のとおり申請してください。

「郵便等投票証明書」の交付申請書(本人署名による)、身体障がい者手帳、戦傷病者手帳、又は介護保険証を添えて選挙管理委員会までご申請ください。

「郵便等投票証明書」は郵便等で後日送付いたします。

投票には本人が署名をした請求書と「郵便等投票証明書」が必要となります。

「郵便等投票証明書」を提示して選挙期日の4日前までに請求してください。

請求がありましたら、選挙管理委員会より投票用紙・投票用封筒を送付しますので、候補者名を記載し、投票用封筒に入れた後、表面に署名をしてご返送ください。

 

滞在地での不在者投票

長期出張の仕事や旅行などで滞在中、投票日までに本市へ帰らない予定の方は、滞在している市区町村の選挙管理委員会で、不在者投票ができます。

投票の手続き

  1. 木更津市選挙管理委員会に、「投票用紙等の請求書兼宣誓書」の用紙を請求します。
    または、「投票用紙等の請求書兼宣誓書(PDFファイル)」をクリックし、プリントアウトしたものを使用することもできます。
  2. 「投票用紙等の請求書兼宣誓書」に必要事項を記入の上、木更津市選挙管理委員会に送付し、投票用紙等を請求します。
  3. 投票用紙・投票用封筒(外封筒、内封筒)のほか、不在者投票証明書が送られてきます。
  4. 公示日(告示日)の翌日以降、3で送られた書類を持って、最寄りの市区町村選挙管理委員会へ行ってください。
    ※不在者投票証明書の入った封筒は、開封せずに持参してください。
    ※あらかじめ、投票用紙に候補者の氏名を記載しないでください。
  5. 最寄りの市区町村選挙管理員会の投票記載場所で不在者投票を行います。

※請求書の選挙管理委員会への提出及び投票用紙のやりとりにはFAX、Eメールは使えませんので、早めに手続きをするようにしてください。

 

投票用紙等の請求書兼宣誓書 記載例.pdf [105KB pdfファイル] 

 

投票用紙等の請求書兼宣誓書.pdf [79KB pdfファイル] 

 

在外選挙制度

外国に居住する日本人に国政選挙の選挙権行使の機会を保障するための制度で、在外公館(大使館及び総領事館)での投票や郵便による投票ができる制度で、衆議院議員選挙と参議院議員選挙が対象となります。

登録資格

満18歳以上の日本国民(居住国への帰化等により日本国籍を失った方は対象外)で、引き続き3ヶ月以上その方の住所を管轄する領事官(大使や総領事)の管轄区域内に住所を有する方(但し、公民権停止されていない方)。

登録方法

本人又は同居の家族等が在外公館の領事窓口に行って申請してください。申請書は在外公館にあります。受付時間は、在外公館の領事窓口の受付時間です。※同居の家族等には在留届の氏名欄に記載されている方及び同居の家族欄に記載されている方が該当します。

登録の時に持参するもの

  1. 申請者本人の旅券
  2. 申請書を提出する領事官の管轄区域に引き続き3ヶ月以上住所を有することを証明する書類(住居賃借契約書、居住証明書、住民登録証、住所記載の電気・ガスの領収書等)
    ※海外に3ヶ月以上滞在する方は、旅券法第16条により在留届を提出していただくことになっています。この在留届を管轄の在外公館に3ヶ月以上前に提出している場合は2の書類は不要です。在留届を提出していない方は、早めに提出しましょう。
  3. 同居の家族を通じて登録申請をする場合は、更に以下の書類が必要です。
    1. 申請者が同居の家族等へ委任したことを示す申出書(申請者本人の署名が必要です。)
    2. 同居の家族等の旅券(旅券以外の身分証明書は認められません。)

投票方法

在外公館投票

在外選挙人名簿に登録されている有権者の皆さんは、投票記載場所を設置している在外公館で、在外選挙人証と旅券等を提示して投票していただくことができます。(投票記載場所の有無、投票できる期間・時間は場所により異なりますので各在外公館にお問い合わせください。)

郵便投票

在外選挙人名簿に登録されている有権者の皆さんは、郵便による投票もできます。登録されている市区町村の選挙管理委員会に、在外選挙人証を同封の上、郵便により投票用紙を請求していただければ、投票用紙を郵送いたします。

日本国内における投票

在外選挙人は、選挙の時に一時帰国した場合や帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの期間は、在外選挙人証を提示して国内の投票方法(選挙当日の投票、期日前投票、不在者投票)を利用して投票することができます。

点字投票・代理投票

目の不自由な人には点字による投票、字の書けない方には代理人による投票ができます。期日前投票所または各投票所の係員に申し出てください。

 

アドビリーダーのダウンロード 

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

 印刷 - 選挙制度  戻る  ページの先頭

このカテゴリー内の他のページ

  1. 政治活動事務所用立札・看板の証票の交付について
  2. 選挙制度
  3. 選挙人名簿
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

木更津市役所 法人番号 4000020122068 〒292-8501 千葉県木更津市富士見1丁目2番1号(駅前庁舎)

 

千葉県木更津市朝日3丁目10番19号(朝日庁舎) 電話:0438-23-7111(代表)

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる