木更津市のニュースを写真で綴る「きさらづNOW」
詳しい内容と、バックナンバーをご紹介します。
 

親子で楽しむ音楽会のようす

平成20年12月23日
地域ポータルサイト木更CoN内にある子育て部会「えんの下の力もち」と、かずさジュニアオーケストラの協力で「親子で楽しむ音楽会」が、かずさアカデミアパークで開催されました。
会場にはたくさんの親子が集まり、オーケストラの演奏するクリスマスソングや、映画の主題歌などに合わせて、歌ったりリズムを取ったりして、楽しいひと時を過ごしました。

 

木更津駅東口ペットボトルツリー木更津駅西口イルミネーション

平成20年11月29日
木更津駅周辺にクリスマスイルミネーションが点灯しています。
東口では昨年に引き続き、小中学生が集めた約1万個のペットボトルをつなげて作ったペットボトルツリー。29日には制作に参加した小学生による点灯式が行われました。
また西口ではアクア木更津富士見通り側の4本のケヤキの木にLEDの電飾が輝いています。
点灯は平成21年1月9日まで、時間は午後4時30分から11時までです。ぜひ、足を運んでみてください。

 

なつかしい遊びをするこどもたち

平成20年11月22日
秋晴れのもと木更津駅西口周辺で第5回きさらづこどもまつりが開催され、約4,500人が会場を訪れました。
当日は、参加団体約120、スタッフ約1,000人が大道芸・模擬店・ゲームなどでこどもたちを迎えました。昔なつかしいゲームや、小銭で買える模擬店など、1日中元気なこどもたちの歓声に包まれました。

 

かずさアカデミアパークに集合したクラッシクカー

平成20年10月14日
国内外のクラッシクカー約102台がかずさアカデミアパークに集合しました。
これはスタンプラリー形式で1都9県約1,600kmを走破する、アジアで唯一のクラッシクカーレースの国際大会です。
11日に原宿を出発したクラッシクカーは、東北や関東を経由し、14日に千葉県にやってきました。
かずさアカデミアパークではあいにくの小雨の中、鎌足小学校の児童47人をはじめ、約300人が出迎え、熱い声援を送りました。

 

中古車の積み込み風景

平成20年10月1日
市では「みなと」を活かした「まちづくり」を進めていますが、8月下旬より、木更津公共埠頭を活用した、海外向け中古車の輸出が開始されました。
今回の入港船はパナマの「TRUST EUROPE」で、総トン数は39,147トン、4,500台の車が積み込めます。
木更津港では1,004台を、他に神戸・名古屋・横浜でも積み込み、ケニア、タンザニア、南アフリカまで運びます。
木更津港の物流

 

巡視船やしま

巡視船やしま

内港クルージング

内港クルージング

花火大会レストラン船クルーズ

花火大会レストラン船クルーズ

平成20年8月15日
8月15日の木更津港まつりの開催に併せ、港を舞台にした3つのイベントが開催されました。
巡視船やしまの見学会では、船の大きさに驚き、操舵室ではハンドルを握り船長気分を味わうこども達。
内港クルージングでは、普段見ることのない海上からの景色に皆さん感動。
花火大会レストラン船クルーズでは、船上で食事やお酒を味わい、ほろ酔い気分で見上げる花火の迫力に感激。
参加者の皆さん、それぞれが、みなとまち木更津ならではの海上体験を楽しんだ一日でした。
みなとを舞台にした活動 

 

オリジナルポロシャツを職員が着用

平成20年7月28日
ゆめ半島千葉国体木更津市実行委員会では、平成22年に木更津市で開催される国体相撲競技のPRをしようと、オリジナルポロシャツを作成しました。 胸に相撲競技のイメージキャラクター「のこった君」、袖にゆめ半島千葉国体のロゴと「チーバくん」が刺繍されています。
すでに市職員のうち希望者が購入し着用をしています。 また一般販売もします。販売方法は広報きさらづ8月号やホームページでご案内します。
ホームページはこちらから オリジナルポロシャツ

 

タヌキの花壇

平成20年6月24日
県立上総高校園芸科の農業クラブの生徒とボランティアグループ「かずさふるさと塾」の塾生が協力して、昨年に続き今年も木更津駅西口のロータリーにタヌキの花壇を制作しました。3月に種をまいて育てたマリーゴールドやペチュニアの花約2,500本を「証城寺の狸ばやし」にちなんで、タヌキの形に植えました。今後は市とかずさふるさと塾が管理し、花は秋ごろまで楽しめそうです。

 

里山のホタル

平成20年6月8日
木更津市内でホタルが生息している場所はありますが、 ここは富来田地区の里山。
山の間の谷津田の水路に生育し、 今の季節、夜毎に幻想的な光を放っています。
近くに住む村越さん夫婦の話では、「こんなにたくさんのホタルが飛ぶのは初めて見ました」とのこと。
まるでクリスマスのイルミネーションを見るようです。 (ホタルが飛ぶ様子をこちらの大きい画像でご覧ください)

 

中尾 彬さんを迎えて生放送中

平成20年5月8日
NHKではラジオ放送開始80年目に製作したラジオカー「80(はちまる)ちゃん号」で全国を回り「ここはふるさと旅するラジオ」という番組の公開生放送を行っています。 車の荷台を開くとステージになり、携帯電話の受信地域であれば全国ほとんどの地域から放送が可能です。
5月8日には木更津出身で木更津応援団大使である俳優、中尾 彬さんをゲストに迎えて、木更津市内から生放送されました。中尾さんはふるさと木更津の思い出や、これからの木更津の姿などについて語ってくれました。

 

矢那川の川面を泳ぐこいのぼり

平成20年4月28日
矢那川の川面を約100匹のこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。
これは地元有志が家庭で不用になったこいのぼりの提供を呼びかけ集まったものです
この矢那川公園では5月3日には「第9回矢那川こいのぼり祭り」が開催され、ボート遊び・どじょうやウナギのつかみ取り・舞台での発表や出店などが計画されています。

満開の桜のもとでウォーキング

平成20年4月6日
伊豆島から矢那川ダムまでの約12kmを散策する「第37回市民歩け歩け大会」が実施されました。
市民80人と体育指導員18人が参加し、陽春の光の中、自然路の散策や満開の桜を堪能しました。

 

ヨット体験セーリング

平成20年3月22日
青い空に白い帆を広げ、木更津内港をセーリングする5隻のヨットに乗船しているのは、「海からの再発見!(ヨット体験セーリング)」に参加した44人の小、中学生。
この日は適度な風が吹く航海日和に恵まれました。自然の力を肌で感じながら、約2時間の航海をし、無事木更津港に戻ってきました。

 

あさりの試し堀り

平成20年3月11日
春の陽気となった今日、3月22日の潮干狩りオープンに先がけて、牛込海岸であさりの試し掘りが行われました。
あさりはまだ小さめですが、暖かくなるにつれ大きくなりおいしくなっていきます。
牛込海岸から中の島大橋にかけての海岸は、東京湾でいちばん広い自然干潟が広がります。潮の香りに包まれて、収穫の醍醐味が味わえる潮干狩りを楽しんでみませんか?
詳しい情報はこちらから(木更津市観光協会

 

市役所屋上からの富士山夕映えの富士山

 平成20年1月25日
冬晴れの今日、市役所の屋上から見た富士山です。 市の環境保全課では40年にわたり富士山が見えるかの観測をしています。担当職員の話では、昨年は50日見えたそうです。 よく見えるのは、低温で湿度の低い晴れの日、ちょうど今頃です。よく見えるポイントを見つけに行ってみませんか? 上の画像は2月13日に撮影したものです。
 

 

ゴール目指してスタート

平成20年1月1日
おだやかな2008年の元日の朝、矢那川ダム堰堤は元気な顔と声援に包まれました。
第29回市民元旦マラソン大会が小学生から70代まで、504人が参加し行われました。
参加者は1kmから10kmまでの各区分に分かれて、寒風の中、矢那川ダムの自然を背景に、ゴール目指して走りぬきました。
このコースは起伏が多く、ゴールした参加者の額には、汗が光っていました。
お疲れ様でした。