災害時の避難所運営について

 東日本大震災、熊本地震などの大規模災害の経験から、行政による災害対策活動(公助)には限りがあり、自分の身は自分で守る(自助)・地域で助け合う(共助)ことの重要さがわかってきました。とくに避難所生活の長期化により、住民のさまざまなニーズにきめ細かに応えていくには、地域住民による自主的な避難所運営が求められるところです。

 

木更津市避難所運営マニュアルについて

  木更津市では、平成29年7月に千葉県が作成した「市町村避難所運営マニュアル(例)」を参考に、平成30年3月に本市版の避難所運営マニュアルを作成しました。本マニュアルは、施設管理者及び行政担当者が避難所の開設を行う一方、避難所生活が長期化する際には避難所運営委員会を設置し、避難住民が中心となって避難所運営を行うことを骨子としています。

資料のダウンロードはこちら(地域の実情に合わせて加工編集できるようワード版を添付しております)
本編

 1 避難所運営マニュアル(本編).docx [227KB docxファイル] 

避難所運営委員会及び各運営班の業務

 2-1 避難所運営委員会及び各運営班の業務(表紙).docx [26KB docxファイル]
 2-2 避難所運営委員会の業務.docx [25KB docxファイル]  
 2-3 総務班の業務.docx [69KB docxファイル] 
 2-4 情報班の業務.docx [47KB docxファイル] 
 2-5 施設管理班の業務.docx [39KB docxファイル] 
 2-6 食料・物資班の業務.docx [61KB docxファイル] 
 2-7 保健・衛生班の業務.docx [77KB docxファイル] 
 2-8 要配慮者班の業務.docx [42KB docxファイル]
 2-9 支援渉外班の業務.docx [35KB docxファイル] 
 2-10 参考資料.docx [38KB docxファイル] 

様式集

 3 避難所運営マニュアル(様式集).docx [1138KB docxファイル] 

 

地域版(避難所別)の避難所運営マニュアルについて

 木更津市避難所運営マニュアルは標準的な内容であることから、現在、避難所となる施設の管理者、避難所を利用する地域住民、避難所の運営に関わる行政担当者などの意見を聞きながらマニュアル作成を進めているところです。について

進め方

 関係者への説明、関係者合同会議を行い、マニュアル作成を進めます。

 4 地域版(避難所別)マニュアル作成の流れ.pdf [108KB pdfファイル] 

主な検討事項

 災害発生から避難所到着、避難所開設及び運営の手順の確認
 避難所の開設・運営に関わる関係者の役割分担
 避難所となる施設(学校の校庭や体育館など)のレイアウト など

 5 主な検討事項(イメージ).pdf [624KB pdfファイル]