平和都市宣言

木更津市では、平成3年1月1日に「平和都市宣言」を行っています。

 

平和首長会議

 平成22年7月1日、木更津市は「平和市長会議」(現在の名称「平和首長会議」)に加盟しました。
 平和首長会議は、広島・長崎両市の提案により、核兵器のない平和な世界の実現を願う市民意識の喚起を目的に1982年(昭和57年)に創設されました。(当初は「世界平和連帯都市市長会議」、平成13年8月に「平和市長会議に」に名称変更、平成25年1月に「平和首長会議」に名称変更)
 世界の都市と都市が国境を越え、思想・信条の違いを乗り越えて連帯し、ともに核兵器廃絶への道を切り開こうという、広島・長崎市から提唱された「核兵器廃絶に向けての都市連帯推進計画」に世界各国の市が賛同しています。
 木更津市も、広島市長からの加盟の呼びかけに応えて、加盟することといたしました。
 核兵器の廃絶と世界恒久平和の実現は、木更津市民の願いです。
 市では今後も平和啓発活動等を推進し、世界の恒久平和実現に努めてまいります。
 

平和首長会議ホームページ

核兵器廃絶に向けての都市連帯推進計画

 

「核兵器禁止条約」の交渉開始等を求める署名にご協力ください!

 平和首長会議では、2003年秋に2020年までの核兵器廃絶を目指す行動指針「2020ビジョン(核兵器廃絶のための緊急行動)」を策定し、世界の都市、市民、NGO等と連携しながら、核兵器廃絶に向けた様々な活動を展開しています。
 核兵器廃絶を実現させる最も効果的な方法は、世界の全ての国が「核兵器禁止条約」を締結することです。
 唯一の被爆国である日本や各国政府が「核兵器禁止条約」締結に向けた交渉を即時に開始するよう、私たち市民社会の側から力を合わせて世論を盛り上げていきましょう!
 皆様のご協力をお願いします。
 

 署名用紙のダウンロード・オンライン署名(電子署名)はこちらから

 平和首長会議「核兵器禁止条約」の交渉開始を求める署名