木更津市保健相談センター耐震診断結果について

【耐震性基準】

 国土交通省は耐震改修促進法の中で、IS値0.6以上を確保することを目標としており、このIS値0.6以上の建物とは、大規模な地震(震度6強以上)に対して倒壊や崩壊の危険性が低い建物をいいます。
※IS値:構造体の耐震性能を現す指標(地震に対する建物強度)であり、数値が大きいほど耐震性が高い

 

【耐震診断結果】

昭和54年3月建築
鉄筋コンクリート造地下1階地上3階建
延べ床面積1,369.18平方メートル

  Is指標値

X(桁行方向)

Y(張間方向)
3 1.70 0.96
2 0.82 0.76
1 0.88 0.66